peddyのくまちゃん カメラを持って。

 

カテゴリ:こども( 373 )

高校卒業できました

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
&



3月1日絶好の小春日和に
我が家の長男も無事に高校を卒業することができました

3年前に高校受験を失敗し
滑り止めの私立高校、さらに希望の下のクラスにギリギリ引っかかるという
本人にとっては不本意中の不本意という
苦しいスタートだったと思います

その時の受験記の締めくくりにはこんなことを書いていた→

読み返してみると
受験を通して本当に大きな山を乗り越えたんやなぁっていうことが思い返されます

「落ちたことに意味なんか無いんやで」と容赦ない言葉とともに
受験失敗という挫折に正面から向き合って
この3年間本当に頑張り抜いたと思う
道中は全然簡単な道のりではありませんでした
2年生の初め頃に大きく体調(心身のバランス)を崩した際には
もうこれ以上はダメだ、と休学か退学か
強制的にストップをかけようとしたこともあったほどです
このころのことは自分にとって未だに苦しい胸の痛みとともに
相当壮絶な記憶として残っています


思えば私は一体何がしたかったんかなぁ?
高校受験失敗を良しとして、
さらに大学受験でも楽な選択肢は良しとしなかった
大事な人生の節目を使って何がしたかったんやろう?

失敗を乗り越えての成功体験を望んでたのか?
というと
実はそうではなかった
それを望まないのか?というとそんなことはないんだけれども
成功体験って
誰もが簡単に持てることじゃないと思うんよね
手が届きそうで届かない、もしくは全く届きそうにない、
そんな高みを目指すからこその成功体験であって
そりゃハードルをくるぶしくらいに下げたら簡単にまたげるのかもしれないけど
それで
「よかったね〜、できたよ、成功したね」なんて納得して喜ぶ子供なんているんだろうかって思うし
むしろ大人になってもずっと成功体験なんて得ることなく
失敗、失敗、また失敗とそんなことが続いて生きてる人だっていっぱいいると思う
自分も然り。

じゃあ何なん?
自分のしようとしてること、目指してることって
ずっとそこをうまく説明することができなかったのですが
遅ればせながら最近になってやっと、それも次男が読んでいた本を
たまたま興味本位、暇つぶしで私も読んだところ
「あ、これや!!」
っていう言葉を知ることができたのです

私の子育て方針の根幹にあるもの、でもうまく説明できなかったことが
いとも簡単にたった一言で言い表せるなんて、と
驚きでしかなかったのがこの
「レジリエンス」という言葉

どんなストレスや失敗、不利な状況にも
折れることなく対応できて、
なおかつ柔軟で弾力のある思考で固定観念を持たずに
ありとあらゆる道を模索したり順応したりする力

と、私はそんな風に解釈してるのですが
検索してもらったらいろんな表現で説明されています
まさにこれやん!と狂喜した私
この力を我が子に身につけて欲しかった
本当にそれだけ
だから受験は丁度いい機会の一つでしかないし
結果もどうでもいい
とかいう今までの色んな自分の言動が綺麗につながってモヤが晴れた

この力さえ持ってれば
たとえ成功体験を持てなかったとしても
失敗の連続であっても
必ずどこかに幸せや満足を見出すことができるはずで
これこそ最後まで人生を楽しく全うするのに一番必要なことに思えるんです

レジリエンスだったのか〜〜〜


そういう意味ではりんたは高校生活と受験を通して
かなりのレベルまでレジリエンスを身につけられたように見える

自分の学校の不足なことばかりに目を向けて諦めるんでなく
学校はただの通過点で一つの受け皿にしか過ぎず
自分は学校のレールに乗っかってるわけでもないし
あくまでもレールは自分で敷いていくもの、と自覚できれば
そこで得られるものは最大限吸収でき、
足りないものは他の方法でカバーすればいい、と思いつく
他力本願でなく自力でなんとかしようっていう気持ちさえあれば
どこからでも自分を伸ばすことは可能だってことを知ることができる

実際は高校受験失敗したら世界の終わり、と思ったところからのスタートだったかもしれないけど
そんなこと全然なかった、どこからでも自分を成長させたり、どこででも満足感は得れると
高校生活の3年でゆっくりゆっくりかみしめながら
自分のものにしていけたんだと思う

対人関係に悩みずっと閉じこもってた堅い殻を破れたのもこの高校
辛い受験勉強と3年間向き合い努力できたのもこの高校
卒業の日の最後のホームルーム
こんなに笑いに包まれて盛り上がってるクラス他にはないよねっていうくらい
最高の仲間に恵まれて楽しそうなりんたの姿を見ることができた

まだ進学先は決まってないけど(笑
「僕はもうどこででも頑張れるし、楽しめる自信がある」と断言してる
自分の道って何本もあることが分かったし
この高校生活でもさらに頑張った分だけの本数は
確実に増やしたからどうとでもなる、と今すごく清々しい顔してます
潔いです

「めちゃめちゃ楽しい高校生活やった
友達にも恵まれて自分はラッキーやった
この高校の仲間とは多分一生続くような気がする
ほんまにあの時の自分に教えてやりたい
『落ちてよかった、楽しいぞ〜』って」

まさに失敗を自分の力で意味のあるもの、価値のあるものに変換できたんだと思う

いろんな山を乗り越えて
卒業できることが全然当たり前でなかったことを思って
今ちゃんとここまで来たんやなって思ったら
私もやっぱこみ上がるものが抑えきれなくて
感動しっぱなしの卒業式となりました

受験失敗したりんたの受け皿であってくれてありがとう!
育ててくれてありがとう!って
本当に感謝しかない
私とりんたにとって最高の学校でした


今年もまたたくさんの子たちが本命受験に失敗して
世界が終わりかのように苦悩してると思うのですが
やっぱりやっぱり
ほんとに受験失敗なんてなんてことなかったよ
道は先にだけでなくて
横にも想像以上の幅で広がってたよって教えてあげたい
人生は一本橋を渡ってるんじゃなくて
広大な大地を踏みしめてくようなもんやから
大丈夫どこにも堕ちたりはないんやで、って

まだまだこれからー














そんなこんなで卒業式を終えたら
なんかねー
元気なりんたを尻目に
私だけガクーっと力が抜けてしまったようで
今までの疲れが本当にいっぺんにドッときたのか
今現在まだ全然身動きできない状態です(笑

つ、疲れたよー


でもまだもうちょっと受験は続くので(笑
完全に寝込まんように最後までサポートできるよう
老体に鞭打たんとな

「もう少し、もう少しだけ頑張れーおかん」






c0163369_22542936.jpg












ランキングに参加しています
ぽちぽち2押し頂けるとありがたいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
&
ありがとうございます!



りんた卒業おめでとう〜〜〜
c0163369_00215635.jpg


















by pediko | 2019-03-05 19:07 | こども | Comments(14)

少年野球卒団の日を迎えて

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
&
イチくんの時からお世話になってたスポ少の野球
ついにおうちゃんも卒団の日を迎えました
イチと違って
「野球全然好きじゃ無いんやけど」
と、
「嫌やー嫌やー」と
いい続けてきたおうちゃんだったのですが
いざ卒団の日にしみじみ思い返してみたら
かれこれ5年もの長い日々を過ごしてきてたという事実に驚く
c0163369_20573379.jpg
「こんな長いこと野球やってたんやー」って

もうね
長い間面倒見てくれた弟夫婦共々
チームには感謝しかないです

私だけでは到底出来なかった
子育ての一端を担ってもらったことになる
育ててもらった
おかげで子供たちはかけがえのない貴重な経験をさせてもらえて
一体どれだけのことを得られたんだろうね、、



おうちゃんも長い間お疲れさん
よく頑張りました
思いっきり褒めたら

本人も
途中でやめてたらこの達成感てなかったんやなーと
最後までやってよかったわ、と
いつになく謙虚なセリフが出てきてました(笑

c0163369_20573812.jpg


c0163369_20574364.jpg
5年間この従兄弟とともに過ごした野球人生でしたが
春からは別々の道を歩みます


なんと
最後まで渋ってたおうちゃんでしたが
この卒団の日についに決意したようで

「やっぱり野球続けるわ!」と
宣言しました
従兄弟も同じく野球は続けるのですが
別のチーム、リーグとなります
おうちゃんはイチくんとまた一緒に!


イチくんに続いておうちゃんもか〜
まさか我が家の子が野球とはな〜
未だに不思議


親もまたしばらく大変なことになりそうですが
やっぱそれも
限られた時間でのこと

最後の最後まで
「嫌やー嫌やー」って
言ってたのはおうちゃん以上に私だったりするんですが(笑
きっとすぐに終わりはやってくる


無理は禁物だけど
私ももっとやれるだけのことはしてあげときたいな
と今は前向きに捉えております




今は、ね(笑






おうちゃん、春からまた6mmの坊主頭やでー(笑

ランキングに参加しています
ぽちぽち2押し頂けるとありがたいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
&









by pediko | 2019-02-10 21:28 | こども | Comments(6)

出願完了に伴う私の心模様

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
&
長男の大学受験の進捗ですが
センター試験の結果を受けて
なんとか全ての願書を無事に出し終えました

一般入試はなんと4校も受けます
慣れないインターネット出願にドキドキ
郵便局の窓口でも抜かりがないかドキドキ

さっそくこの土日も一つ目の受験でした(今真っ最中)
淡々と大きな山場を迎えて
でもまだ
受験も全部終わったわけではないのに

なんということでしょう

突然
本当に突然
不意に
私に押し寄せてきた心境の変化

「寂しい!!」

に戸惑っています(笑

なんなんでしょうかこれは


まだ進路が決まってもないうちに
私は空の巣症候群を発症してしまったというのか(笑


昨日も今日も受験して頑張ってるリンタに
思わず「全部全部落ちてしもたらいいのに」とつぶやいてしまいました(笑


子供が生まれた時から
自立を意識してて
いやでも自立心が芽生えるように、と家づくりもしてきたし、
どうせ大学行くなら「自宅通学」の縛りで決めたらもったいない、と
場所もフリーで進路の模索もしてきました

それが、、、

本当にどうやら
春から家を出て行ってしまいそうやなと実感した途端
この気持ちがこみ上げてきた

りんたは特別手のかかる子やったからなぁ

今でも
「起きてー」
「ご飯はちゃんと食べる!」
「忘れ物は?」
「スケジュールの確認は?電車の時間は?」と
口うるさく言っても抜けがあるほどで

今日も受験というのに
前の晩まで受験票のこと忘れてたし(私が入れた)
朝はギリギリまで起きてこないし
バタバタしながら駅に送ってから
残り時間で念のため「財布は?」
「メガネは?」
と確認していったら
「腕時計は?」のところで
「あ、忘れた!」となってまさかのUターン
そのまま次の電車に乗ったら会場入りが試験開始10分前くらいになってしまうので(笑
ちょっと遠い別の沿線の駅に急遽送り直すというドタバタで
もうずっとずっとこんな調子できたもんで
関わりが濃かったせいか
これが急に無くなるんか、、、と思ったら
嬉しいっていうより先にぽっかり穴があいてしまった気がしたんよね

それだけじゃないな
ここへきて急に精神面での成長をすごく実感するんよね
一皮むけたなーって、堂々としてるし吹っ切れてる
そんな表情見てたら
あーもう親の助けを必要とする子供じゃないんやな
ちゃんと大人になりつつあるんやなぁってのも
寂しさの引き金になってるのかも
私だけが同じところに突っ立ったまま置いてかれていくようなそんな気持ち



そーこーにー、よ
その傷穴に塩を塗り込むような
次男坊やの追い打ちがありまして

「僕な、高校、野球で行くことにするわ
ずっと野球続けることに決めてん
滋賀はもう14年も住んだし満足したから
次はよそ探検したいし県外に出るわ」
なる爆弾発言が昨夜19時ごろ突如投下され自宅現場が大混乱の模様

、、、痛ましい事件が発生しました


な、なんという、、
見事に、思惑通り、すくすくと自立心旺盛に育ってしまってる子供達
そして自分の方針に自分が付いていけなくて一人パニクってるお母さん

哀れなもんです
なんとか絞り出したかすれ声で
「いっちゃん〜〜、それは早いわ、心の準備がおいつかへん、頼むし
探検は大学まで待って、、」

失恋か!(笑


どんどんどんどん
あっちゅう間に子供たちとの時間が終わっていくのを肌で感じてしまった
知ってしまった


50歳ももうすぐ
更年期やらいろいろ始まりつつあるので
その辺の難しさと重なってえらいことにならへんか今からすごく心配になってきた
私は50の壁を無事に乗り越えられるのだろうか



そして末っ子三男坊もついに、、、
c0163369_14213527.jpg
我が家の絶滅危惧種
「小学生」




もうカウントダウンは止められない

c0163369_14213822.jpg
c0163369_14214172.jpg



1分1秒逃さず刻み込んでいくくらいの意気込みで
大事に大事に過ごしていかんとあかんなー








いうて、
4月になってもまだ長男が家でウロついてるような気配があったら
「おるんかーい!」って突っ込んでくださいね(笑




ランキングに参加しています
ぽちぽち2押し頂けるとありがたいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
&











by pediko | 2019-02-03 14:59 | こども | Comments(14)

りんたの大学受験記1

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
&


ヒーヒーのテイで
何とか小学、中学の野球の撮影と仕上げを完了しました
連日撮影だったので作業が明け方まで押すときもあり
撮影とはその後の仕事の方が本当に大変なのです
もちろんお世話になってるチームなのでボランティア

終わったところで今まあまあズタボロ雑巾状態なのですが
ここでこないだのリンタの初の大学入試を振り返ってみようと思います(笑

これがまたほんまに!?っちゅうくらいドタバタ劇場だったんだよね〜


しかし大学の入試っていうのは複雑きわまりないのですが
裏を返せば何回も何回もチャンスがあるってことなんですよね
特に私大は至れりつくせり
リンタの一発目もその中の公募推薦入試というものだったのですが
これは「推薦」とはいえ現役生なら誰でも併願でエントリーできる試験です
本番前に丁度いい
なのでみんな受けとく感じ?
リンタは公募推薦入試を私大の2校、4判定分を受けてきました
(土壇場で受験校変更したのですが1校だけにしようとしたらそれだけは、と担任に止められた)
この後もセンターだったり一般入試と続くのですがそれも前期、中期、後期とか
いろいろあってやたらとチャンスの場が設けられてますので
これならいつかどっかで当たるやろーってのが私の皮算用のゆえん
そう言うと担任に「そんなに甘くないんです!」と全力否定されるんですけどね(笑
なんでも去年から私立の定員オーバーに対する国からのペナルティがきつくなったとかで
多めに取ってくれてた見込み人数が大幅にカットされて去年の受験は
それはもう大混乱で大変だったそうな
今年はそれがさらにシビアになってくるんじゃないのか?と先生方も今から戦々恐々の面持ちだそうで


でも最近のりんたはあれ以来、(カイロとコメント欄を熟読しただけのことですが)
本当に穏やかに過ごせてて、、(感謝です)
私にしたらそっちの安心のほうが大きかったので
変な気負いも何もなく
普通にいつも通りで受験できると思ってました

ただリンタは何かとやらかす油断できないヤツというお札をしっかり頂いておりましたので
担任の先生には
「りん、大丈夫か〜?心配やわぁ〜
受験場所とかわかる?ちゃんと行けそう?」
ってすごく心配してもらってたようです
確かにそのお気持ち理解できます

あれは去年の英検の試験の時
ちゃんと駅まで送って
あとは一駅乗ればバスですぐっていう道のりだったのですが
なぜか反対方向の電車に乗ってしまったみたいで
しかも3つ先の駅に着くまで間違いに気付かなかったというポンコツぶりで
そこから「どうしよー」って電話してきたことがありまして
私もまさかな事態に一瞬真っ白になりましたがすぐに気を取り直して
「とにかく戻って会場に向かって!」とだけ言って
その間に英検の連絡先調べて問い合わせをし、
ちょっと遅れたくらいなら受験できるという確認をとって
折り返しそれをリンタに伝えて
なんとかギリギリの30分遅れで受験できたっていう事件がありました

アメリカにホームステイした時も
お出かけ先からの帰りしな、お出かけ先の駐車場に一人取り残されて(超治安の悪い地域)
家に着くまでそれに気づかなかったホストファミリーが
背筋を凍りつかせながら慌てて引き返すという事件がありました
その距離およそ滋賀ー神戸間くらいです

そんなこんなの大きなエピソードから普段の細々した
ものまでが担任の先生の脳内には染み渡り蓄積されていたのでしょう

すかさず周りのクラスメートが
「先生大丈夫やで、りんちゃんお母さんが付いてきてくれるんやって」
ってフォローしてくれたそうなんやけど
先生、それを聞いても変な間とともに
「・・・・心配やわぁ〜」と重ねたらしいのよね

どういうこと?私も?

いや、大丈夫ですから!

本番当日
私はちゃんと時間にめっちゃ余裕を持って起きました
大事な日にバタバタなんかしたくないからね
そして悠々と(時間通り起きただけでドヤ顔)階段を降りていくと
何ということでしょう〜
それより先に起きていたリンタが待ってましたとばかりに
顔面蒼白でヨロヨロとこっちへ迫ってくるではありませんか



な、何事やねん!?

予想外の事態にぎょっとなって固まってると
今にも死にそうな声で
「おかーさん、首がなんも動かせへんねん、
これ何?寝違い?めっちゃめちゃ痛い〜〜
こんなの生まれて初めてや、どうしたらいいか分からん〜〜」
って泣きついてきた

は、はぁ〜〜〜?
ね、寝違い〜〜!?

しかも何、それって人生初の最大級クラスの寝違いを
よりによって人生初の大学受験初日に発動させたってこと?

「お前一体、受験前夜にどんな寝相で寝てくれてんねんっ!!」

思わずやり場のない怒りで因縁をふっかけてしまったと同時に
寝起き一発目からとても悲しい気持ちでいっぱいになりました

こんなの嘘だ、信じたくない。
けど目の前には貧相な息子の姿が、
なんぼ瞬きしても消えない、ということは
夢ではない
まじですかー!
こんなこと本当にあるんですかー!


すぐさま
ネットで検索して「寝違い」「治し方」とかで探って見つけたのですが
どの方法を試しても
全く効果がない
本当にひどい寝違いで
はっきり言ってムチ打ちみたいな状態やし
あの首に巻くヤツがいるくらいの深刻度

服一つ着るのも一苦労で
一人ではできないし
靴下も私が履かせてやる始末
ましてや
重い参考書とかノートが入ったカバンを持つことなんて到底不可能で
これはもう大変なことやな、と
こんな重たいカバン
私もよう持たんわ、とあまりの事態に顔面蒼白

そうこうしてる間に気がついたら
寝違い対策だけであっという間に時間を吸い取られてて
もうバタバタしながら(だからバタバタなんかしたくないんだってば)
旅行用のガラガラトランクを引っ張り出して
カバンを詰めて大急ぎで家を出た

「電車の時間に間に合わんなるー早く乗れ!」と急かすも

「無理!動いたら響いて電気走る」と涙声のリンタ

ええーい言うてられるかーと車に詰め込んで

すぐさまキュキュキューっと発進したら
途端に
「ギャーーーっ!!痛いっ!もっとゆっくり走ってーー!」と悲鳴をあげるし
「ちんたらしてられるかーーーー」と
こっちも必死の形相でハンドルを握るしかない

普段全く意識して無かったけど道って以外と凸凹してるんやな〜ってことを知るよね
ちょっとカクンとなるたびに
「ギャーーーー」って阿鼻叫喚の繰り返し

それでもなんとか時間ぎりっぎりに駅について
駐車場から首を動かせない高校生と大層すぎる荷物をガラガラと引くオカンの
移動がいよいよ本格始動

想像してみてよ
どんだけほど珍道中すぎるか

ほんまにもう情けないったらありえないったらで
心配なんてする暇1ミリもないからね

電車の揺れにもダメージを食らって呻くリンタを横目に
なんとかこの事態を早急に収束させねば、と
スマホ片手に神様ヘルプをお願いした
「カイロの先生さま、かくかくしかじかで今リンタがとんでもないことに
なってます、今日明日と受験で会場がちょうど京都なので
終わり次第先生さまの施術院に出向くことが可能なのですがご都合はいかがですか?」
そしたらすぐさまお返事が返ってきたのですが
「今日明日は岡山出張で今移動中なんです、明日の夜まで帰れない、、、」
とのことであっさり撃沈

オワター
もはや打つ手なし状態
寝違いってそんなにすぐ治る話ではないらしく
ましてや今回のは なかなかに重度
今日明日とこの調子で受験するしかない、

本当ならリンタが迷いそうな地下鉄のところへんまで案内したら
あとは一人京都観光でもしけこもうとガイドブック持って楽しみにしてたのですが
歩くのもやっとのリンタのせいで
結局バスまで乗り継いで一緒に大学まで行き
受験生が続々と歩く中
ガラガラガラガラと目立つトランクを引きずりながら
珍道中のまま会場の入り口まで着いて行くはめに

どこで晒し首の刑やねん

そこでようやくクラスメートと合流できたので
ガラガラをササっと彼らに託した

もう知らんでしかし
鉛筆ちゃんと持てるかなんて知らんし
書くとき顔下向けて大丈夫かどうかなんて何も知らん
もうどうにでもなれー>< 言う一心でその場を離れました

そこから試験終わるまでの間街に戻って観光しようかとも思ったのですが
すっかり消耗し切っていたのと
大学構内にめっちゃいい感じの図書館があったので
結局そこで本を読んでたら待ち時間がこなせてました

そろそろかな?とスマホの時間をチェックすると
カイロの先生からのメッセージに気がついた

「今からちょっと遠隔治療だけやります、ちょっとでも動かせればいいのですが
大丈夫!とりあえず平常心でとお伝えください」

ぶっと吹いたわ
「遠隔治療て、(笑」

もうこれな〜
こういうとこが怪しいっちゅうねん
とか思いながら
いやいや違うわ
先生がほんまに言いたかったのは
「大丈夫」と「平常心で」っていうとこなんやわ
そっかプラシーボやな
いっぱいいっぱいの時にそんな風に言われたらちょっと気が楽になるよな

しまったー
受験の前にリンタに言うたったらよかったー
気付かんかったなー
もう終わってもうたやん

そうちょっぴり残念に思いながら
待ってたらリンタとクラスメートが歩いてきた

「どやった?」と声をかけると

「それがな、」と不思議そうな顔で
「試験が始まるちょっと前に
急にふっと軽くなったねん、今もだいぶマシ
受験も全然普通に受けれたわ」

っていうから
ちょっと鳥肌立ったんやけどね(笑

でもリンタに言うても

「遠隔治療て!そんなアホな〜〜〜」ってやっぱり笑ってました(笑

やっぱカイロの先生はオモロイなと。

おかげさんで
翌日は重いカバン自分で持って運べるとこまで回復してたし
駅で別れて私は一人で京都散策リベンジへ

翌週も1日目は同じ大学だったので駅までの送迎で終わり
2日目は別の大学だったので今度はおうちゃんと一緒に付いて行って
待ち時間を二人でたっぷり観光してきました
写真もたくさん撮ったので
またそのうちアップしようと思います

そんなこんなでクラスメートにゲラゲラ笑われながらも
またもやエピソードを追加してしまった
その上、
「やらかしてもうた!学校に休校届け出すの忘れてた!」とか言い出すわで
最後の最後までドタバタ
(担任の先生がフォローしてくれてたみたい)
リンタの信用度なんてもはやゼロですわ

もう〜〜〜ほんまに!!

いい加減にしてや〜〜〜〜

っと絶叫しそうなところで
ハッと気がついた

なんでかわからんけど
突然思い出した

受験ていうことは、、
普通合否があるやんね?

けど私、そこにあまりにも頓着が無さすぎて、、

受験票、、、捨ててしまってるや〜〜〜ん!!><

ギョギョギョっ!!


やってもうた?私


受験番号がわからんなら
照会ができないよね?



いやいや、いつかはわかるんよ

合格してたらそのうち書類が届くし、
届かへんたらあかんかったんやな〜って

でも今時
専用サイトで何日の何時からバシッと合否がわかりますよっていう時代に
そんな曖昧な確認の仕方ってあるかい〜


あるんですわ

ここに

っていうそんなお話






このことも瞬く間に担任とクラスメートたちに知れ渡ることとなり
「信じられへん!」とちょっとした騒ぎになったみたいで(特に先生)

『りんちゃんはヤバイ』だったものが


『りんちゃんとりんちゃんのお母さんはヤバイ』に修正確定されてしまったようです



先生、やっぱりよくご存知で。へへへ
よう分かってはりますなぁ。。。



先生にはこれまでの幾つかの“リンタのおかん”エピソードも蓄積されてたようです


仕方ないので
緩やか〜な
ふわふわ〜っとした合否判定を待つとしますわ(笑








一人京都観光
街中ブラブラの巻

c0163369_15104907.jpg




本能寺
c0163369_15105421.jpg





アーケードの中にあるお寺

c0163369_15105959.jpg
c0163369_15110238.jpg

お地蔵さんが可愛かった

c0163369_15110535.jpg




鳩居堂でちょこっと買い物
c0163369_15110812.jpg




りんた的には
今回のメンタルトレーニング
良い手応えがあったみたいで
恐怖が薄らいでちょっと自信がついたみたい
これなら本番の試験も落ち着いて頑張れるかも、
と毎日追い込んで頑張ってるところです
ええこっちゃ

これが何よりやなと思う母なのでございます^^
何をさておき、やわ
大収穫やん
合否なんてどうでもいいよね

ね。


いや、だから
ごめんてー




ランキングに参加しています
ぽちぽち2押し頂けるとありがたいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
&

























by pediko | 2018-12-04 15:57 | こども | Comments(12)

ガールズフォト*もみじガール

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
&

南丹での収穫は美しい風景にとどまらず
ガールズフォトまで!
ママさんにOKもらえたのです
m(*- -*)m

小さい子たちがお兄ちゃん達の試合にいつも
付き合ってくれるのはありがたいサポートと言えます
大好きな野球を頑張れるのは
家族の協力があってこそ
両親に対する思いは皆ありがちですが
小さなサポーターへの感謝も忘れちゃダメですね



試合の合間の撮影でしたが
可愛くて可愛くて
もうテンション上がりっぱなし

グラウンド施設の片隅にすっごい綺麗な紅葉スポットがあったので
たくさん撮ってきました
c0163369_16520032.jpg

c0163369_16060413.jpg
c0163369_16061275.jpg
c0163369_16061684.jpg
c0163369_16061905.jpg


c0163369_13300715.jpg
c0163369_13301244.jpg



c0163369_13324246.jpg

c0163369_16064262.jpg


c0163369_13271617.jpg

c0163369_13103020.jpg
カメラの前で自由に遊んでくれる
二人の無邪気な姿に癒されまくり


美しい南丹と
小さなサポーターに感謝の1日となりました!


ありがとう!
c0163369_16071839.jpg




ランキングに参加しています
ぽちぽち2押し頂けるとありがたいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
&


by pediko | 2018-11-13 14:18 | こども | Comments(4)

詰む。-詰んだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
&

長男的に言うと今の状態がコレらしい(笑
いや、笑えん。




最終段階に入った時点での模試の結果がここへ来て悲惨だったんだと
(苦手な数学だけなんですけどね)
そんな長男の近々の声はざっとでこんなラインナップ

「苦手意識が先行して緊張で真っ白になった」

「今までやってきた分がいよいよ結果となって現れてくるはずの
この時期にこうなるっていうことは
これはもうダメっていうことやん、
今から巻き返しなんて間に合うはずがない
そもそもの能力が無いってことやから」

「ずーっとどの教科もさておきで数学ばっかりやってきたのに全く伸びないどころか
むしろ徐々に下がってきてるって何?絶望しかないわ」

「小学生の時からずっと何も変わってないし、できた時がない」(算数、数学)

「受験もまさに3年前と全く同じ流れやし同じ結果しか思い浮かばへん」

「今まで頑張ってきたの全部無意味で無駄やったわ」

「何食べても味がせん」「腹が痛い」「心臓の動きが変」「力が入らん」「頭痛が、、」


線路は続くよどこまでも。



大丈夫か?倒れるんちゃうか?っていうくらい
青白い顔して悲壮感を漂わせてるんやけど
じゃぁ焦ってるんか?といえばどっちか言うと
もう投げ出してしまってる感じ^^;

おーい

って呼び戻したい気持ちはありますが
まぁまぁ遠いとこまで行ってしまってるよねこれは

それまでも気持ちの紆余曲折など浮き沈みは繰り返しておりましたが
10月に入ったぐらいからのこの落ち込みっぷりはちょっと尋常ではない

こういう面、というか危うさがあるって分かってたのに
やっぱり夏休みに仕事を優先してしまった自分の頭の悪さにもうんざりする

けどサポーター業も辛い。
どんなにおだててもなだめても
もう小学生や中学生の子供じゃないからね
変に大人びてるというか冷静というか複雑になってるから
盛り立てようとあらゆる言葉を尽くしても全然なびいてこないし乗ってこない
自分自身への不満と非難を爆裂させてくるのをこっちも一つずつ受け止めて丁寧に全否定していくんやけど
尻から理屈でヒックリ返しにかかるので
押し問答のオセロ大会みたく延々決着がつかないのよね
そこを何とか最終的には「ちょい前向き」ぐらいまで持ち上げて「またあした、今日はお休みお疲れさん」で流す感じ
日による浮き沈みの差が大きいので毎日帰ってくるまで今日はどんなかな?とハラハラドキドキで
そりゃもうこっちの消耗もなかなかなもの



怖くて怖くて仕方ないんやなぁ
逃げ出したいんやなぁ
でもその気持ちは痛いほどよくわかってるつもりよ
でも何処かで、どんな機会でもいいから
「何をやってもダメな自分」ていう亡霊としっかり向き合って
ケリをつけないと終わらないような、
それが前に進むためには必要なことのように思えて仕方ないから
受験は丁度いいチャンスとみてしまうんだよね
でも最近出会った例の「知の体力」を読んでしまったからには
人生には答えがないっていうならどんなパターンにも未来は開けてるはずで
一概に自分との戦いだけが成長じゃ無いのかもしれない、
などと私にも迷いが生じてくるし
そんな時に凛太の負のパワーを存分に浴びせられたりすると
ますます「やっぱそうかも、ケリなんてつけられるわけないのかも
また傷つくだけで終わったら、、」と
気持ちが持ってかれてしまいそうになるんよね


受験生もしんどいけど
向き合う親も大概しんどいわ
私も楽な方に逃げたいんだね
我が子にここまで干渉せず
「向き合わない」選択肢もあったんかな?と
つい探ってしまう
いやいややっぱり何れどこかで詰まって向き合うことになって苦労するだろうから
それなら今のうちにしんどいことはすっきり済ませておくわ、と思い直す

忙しくても外に出て仕事に没頭してる方がずっと楽やった
子供と向き合うって、自分のことじゃないのに子供のことで悩むってことがこんなに辛くてしんどいとは。
長男に絞り出すようにかける前向きな言葉とは裏腹に
ここ最近日に日に消耗して落ちていく自分自身を実感してた
ようは母と息子、共々詰まりに詰まってたんだよね
身動きできないくらいに。

とどのつまりでようやく助けを求めたのがカイロの先生
「何とかなる?何とかして!」と泣きついた
強引な押し付けにも動じず二つ返事で「よし大丈夫や!何とかしてあげる」とすぐさま駆けつけてくれた

ありがたすぎる(涙


c0163369_17150319.jpg


こういう時にこういう存在があるって救いだね
私だけじゃない
人間て弱いからね
だから宗教も世界から消滅することはないんだもんね
自力だけで力が足りん時は他力に頼る
これでいいのだ

施術の後
ほっぺもほんのり赤みを帯びて
表情が少し明るくなったのを見てホッとした

それまで
「今日はどやった?ちょっとは気持ち的マイナスから脱出できたん?」
と聞いても
目も合わせず「別に。普通。」ってボソッと返すくらいだったのが
その日はなんだか饒舌でよく喋った
夜はぐっすり眠って、
翌朝もぐっすりで、
お昼はのんびりで、
結局、塾はサボった(笑

束の間安堵できたんならそれでよいわ

ちょっと検索かけてみただけでも
みんな一緒やなっていうことがよくわかる
凛太だけが弱いわけでもないし
弱いからだけでもない
そこまで不安になるのはそれだけ頑張ってきたっていう証でもあるんよね
努力してこなかったなら
点数取れなくても「やっぱりな」くらいしかないよね
「ちゃんと頑張ってきたんやもん、もうちょっとくらい自信を持たせてあげようよ」
強い自己否定感を何とか和らぐ方向で持っていけないものかな

さらに調べてみると心因的要因で凛太のような状態になることもあるらしく
そうなるとますます「気の持ちよう」でなんとかなるもんではない
「試験恐怖症」とかいうらしい

<体に現れる症状>
頭痛、腹痛、吐き気、嘔吐、下痢、発汗、息切れ、震え、口の渇き、頻尿、動悸

<脳に現れる症状>
集中力の低下、精神的圧迫、フラッシュバック、不眠または過眠、恐怖感情、自殺念慮

<感情に現れる症状>
低い自己評価、絶望、無力感、失望感、欲求不満、怒り


聞き取りしてみたら当てはまりすぎてて怖い^^;
この場合親によるプレッシャーが大きな原因となってることが多い、とあったので
「自分に自信を持てるよう、挫折とも向き合って乗り越えて欲しい」っていう
こちらのそんな気持ちまでもそれに当てはまってしまうのかなぁ、
「大学進学ありき」なんて思ってない自分達でも無関係ではないのかも、と
ちゃんとサポートできてたのか?とか所々で襟を正して省みる必要があるよね
初めての子の経験は親にとっても初めてなので失敗ばかりだったのかもしれない
言葉選びにもしっかり気を配って残りわずかとなった受験生活を
ちゃんと応援してあげられたらいいな

安易に「頑張れ」っていうのも良くないんだって
「大丈夫」も使い方次第でNGになるとかで、
繊細な(あえてメンタルが弱いとは言わないw)子のサポートもほんと容易ではないよ
本当に神経症だとしたら改善には治療が必要になってくるけど今からじゃ全然間に合わない
(磁気刺激治療はとても魅惑的)
扁桃体の暴走を止める、、のくだりでカイロのことを思い出すに至った次第です
認知行動療法についてはこれから私が文献を読み漁ろうと思う


こんな調子で右往左往しまくって私が倒れても笑えんので
私もしっかり施術を受けてメンテナンスしてもらいました
リセット完了!
毎度不思議だけど理屈なしに楽になる
翌朝寝坊したのは実は凛太だけではなかったり(笑

かといって目に見える効果、、って言われるとそれは難しいのかな〜と思ってたけど
3日目の昨日も凛太のほんのりほっぺが持続してたのは驚きでしかない
悲壮感も見えずですごく穏やか

まぁでも凛太のことなのでこれからも落ちたり上がったりをきっと
当日の際の際まで粘って繰り返すんだろうね
その波に私もいちいちダイレクトに呑まれてね。

自分たちだけでアップアップしながら泥々に煮詰まってく前に
都度さっさとカイロの先生に泣きついて軽くしてもらうことにした
先生にもちょっと伴走役を担ってもらった感じ(押し付けたともいう)
ソバちゃんにも引き続きセラピー役を担ってもらうしね(笑


ようやく逃げ道が見つかって余裕ができたのか
これが書けてるんだね(笑
凛太のことまではわからんけど
私の詰まりは少し改善できたみたいです

いよいよ来週あたりから怒涛の公募推薦入試が始まります
気を引き締めて
体調管理に尽くさねば

全国の受験生とその伴走者にもエールを
あと少しだけ、もうちょっとだけ頑張ろうね








ランキングに参加しています
ぽちぽち2押し頂けるとありがたいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
&

大学受験























by pediko | 2018-11-06 12:34 | こども | Comments(27)

おうちゃん奇跡の寝落ち!


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
&


もうね
めちゃめちゃ忙しくて
目が回るなんてもんやあらへんがなってほどの毎日に追われています
フルタイムどころかのタイムスケジュールで
たまご屋さんの仕事に全力投球で取り組んでるとこです

女優じゃないけど、
どうやら私
憑依型みたい(笑


ある夜、
そんな私の疲れっぷりを代弁するかのような
おうちゃんの寝落ちに遭遇した


こんなカオス見たことある?(笑

c0163369_17561244.jpg






一瞬寝たふりなんかな?
とも思ったけど
全然
がっつり爆睡してるし

宿題途中の寝落ち

c0163369_17562053.jpg



足はちょこんとイチのベッドに引っかけたままで
何がびっくりって
シャーペンの芯が出たまま
折れもせずノートにくっついてんのよ(笑

c0163369_17562219.jpg


どんなバランスやねん〜〜

笑。


私だけじゃなく
みんな頑張ってるんやね

みんなみんな
毎日毎日お疲れさま!!








しかし笑うー
このパンツよ(笑
c0163369_17560872.jpg



しばらく眺めてから
そっと起こしました(笑





ランキングに参加しています
ぽちぽち2押し頂けるとありがたいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
&


いつもありがとうございます!



by pediko | 2018-06-14 18:13 | こども | Comments(2)

小学校最後の運動会に子供の成長を見る


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
&

去年の運動会では全く力を出し切れなかったおうちゃん
イチくんとは真逆のタイプで本番に非常に弱い
緊張にさらされると心因性頻尿が顔を出します(笑

そして迎えたいよいよ小学校最後の晴れ舞台
しょっぱちのハードル走では順位こそ惜しくも3位でしたが
その表情は去年のそれとはまるで違った


敗因は明らか
c0163369_17290711.jpg
無駄に高く飛びすぎやろ(笑


100m走も去年は自分がしでかしたフライングに萎縮して
出遅れ惨敗だったのですが

「フライングなんて気にするな
オリンピックちゃうねんから
小学校の運動会じゃ何回やったって失格なんてならへん
遠慮せんとドンとやらかしたれ!」

って声かけしてたのですが
ハードルで4回
100m1回
誰がってのもわからんのですがフライングが出て(笑

どうかな〜とは思ってたけど全然大丈夫でした
結果は2位

持てる力を出し切って悔いのない走りだったようです
2種目とも最終レースということで
自動的に学年順位が3位と2位ということに

十分よ!!

なんせかどの競技も笑顔だったのが高ポイント(笑
c0163369_17290494.jpg
運動会終了まで頻尿症も顔を出しませんでした(笑




6年生の見せ場
組体操競技
c0163369_17291667.jpg







c0163369_17292483.jpg







惚れ惚れするほど力強い(笑
c0163369_17292704.jpg





c0163369_17293299.jpg




ただ一つ不思議なことが

c0163369_17293723.jpg



大人数の子供達の中
こちらは我が子を探すのに必死のパッチだったのですが


c0163369_17294169.jpg



なぜかおうちゃんは観衆の中から一瞬で
親の居場所を発見するという不思議(笑

c0163369_17294509.jpg



真面目にやらんかい!^^;

c0163369_17294979.jpg


後で聞いても
「そんなん一瞬でわかるし!」としか言わない(笑

別の場所から撮ってたパパのビデオカメラにもカメラ目線バッチリやし(笑

謎ですわ〜



c0163369_17295341.jpg



プラス思考とは言い難いタイプなのですが
今年は応援団の団長にも立候補してたみたいで
団員のみんなを勇ましく引っ張っていました

c0163369_17300300.jpg

成長っぷりが嬉しくて

ついでに言うとおケツの成長っぷりも激しくて
指定の短パンがパツパツで入らなくなって
一人代替品となってます(笑

今更買うのもったいないもん〜



いろんな意味で子供の成長を実感できて
有意義に過ごさせてもらいました


いい運動会やったな〜って
締められたことに感謝です






閉会式の後5、6年生とPTAと先生方総出で
後片付けをして

イチくんと薫ちゃん二人に荷物を託して帰ります


あ〜
この光景ももう最後かぁ〜

c0163369_17141930.jpg



山の上の小学校の
最高の運動場


c0163369_17141516.jpg




c0163369_17141032.jpg
10年?11年?
お世話になりました〜









お手伝い組もありがとさん
めっちゃ助かりました!

c0163369_17142789.jpg


おうちゃんと見た目の大きさはあんま変わらんけど(笑
イチくんも随分お兄ちゃんらしくなってきたよね

c0163369_17143072.jpg


ここでも長年成長を見守っていただけてることに
本当に感謝しています

ありがとうございます!!






ランキングに参加しています
ぽちぽち2押し頂けるとありがたいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
&


いつもありがとうございます!



by pediko | 2018-05-30 18:23 | こども | Comments(6)

滑り出し好調の春休み


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
&


毎日パソコンに触る気力が残らないくらい
野球の当番に来客にお出かけにと精力的に過ごしています
お天気にも恵まれ、ついつい陽気に誘われるしねー

そんな中から
「お出かけ」ネタを



c0163369_23412367.jpg

サーカスを見に行ってきました
「ドリームサーカス」
おうちゃんたっての希望です
学校から無料券をもらってきてて
要らんていう友達の分もかき集めて3枚確保(笑
その努力に報いました
でも無料席だと見えにくいやろうな〜っていうのと
もしわざわざ行って席が取れへんたら最悪、と思って
事前にボックス席を+で予約してあげるという
親切さ!(笑
(無料券を持ってると席代だけプラスで済むのでお得です)


なんの期待もしてなかったのですが
不意打ち食らった形で
迫力満載のエキサイティングなパフォーマンスに
驚きの連続でした
全然飽きずに最後まで楽しめた

(動画も写真も撮り放題です)
c0163369_23414777.jpg




c0163369_23415257.jpg



c0163369_23415532.jpg
c0163369_23415974.jpg
バイクでカゴの中を走り回るスタントショーとか、
見てるだけやのに
こっちがジェットコースターに乗ってるかのような気分で
ドキドキしたり
日本初の大車輪とか他にもたくさん
本当に見応え十分で
おうちゃんも「ほら見て〜」っていうくらい
手に汗握って見入ってましたわ
演者の皆さん
ほんっまにスゴイ!!

ピエロタイムも大ウケで
二人とも大満足だったみたいです



よかったよかった大成功


家族連れで大にぎわいでした

c0163369_23420297.jpg
サーカスのテントってなんとも可愛らしいんよね〜





お次はおうちゃんと二人でドライブデート
三重県まで友人を訪ねて遊びに行きました

友人宅から歩いて5分でこの絶景
やっぱ海はいいな〜
c0163369_23420506.jpg
波打ち際でめっちゃでかいボラがバンバン飛び跳ねるので
最初は網を持って追っかけてたおうちゃんですが(笑
せめて釣りでチャレンジしようということで
急遽釣り用具を調達

でも釣具屋のおじさんが
「釣れへんで」と教えてくれてた通り
うんともすんとも



ジレたおうちゃん
だいぶフライングしてるよね(笑
c0163369_23420852.jpg
でもやっぱり釣れません
おじさんが言うにはGW明けからキス(やったかな)が釣れるようになるから
その頃にまたおいで、と


諦めて造形作品の制作に移行


c0163369_23463125.jpg



はい完成



「生首とおうちゃん」
c0163369_23421202.jpg





生首だけ置いて帰りました

c0163369_23421508.jpg
おうちゃんがフライングしっぱなしの間
友人と砂浜に腰を下ろして波の音を聞きながら
綺麗な海を眺め
いろんなことを話すのは本当に
素晴らしくいい時間でした
合間にはコーヒー豆を挽いて
淹れたてのコーヒーも頂きましたが
場所が良すぎて珍しく美味しく感じた(笑

釣れ頃にまた来たいな〜
潮干狩りでもいいし

いいところでした
御殿場海岸の辺りです




しかしどこもかしこもすっかり桜まみれで
綺麗なのはいいけど
入学シーズン本番どうなるの?







さて次は春休み一番のメインイベントが週末に控えています
あ、その前に野球の当番もあるな〜


ついに
オープンしたてのカモシカ温泉キャンプ場に行けることになりました!
すっごい楽しみ〜><

でも1日半しかない休みを使って行くので
弾丸すぎてバタバタで終わらんか心配^^;
ゆららほど近くないし。

実は楽しみはお初のキャンプ場だけでなく
去年から待機させてたお初のブツを
やっと使うことができそうってのも大きいです

ちらっと
ほんのちら見せ(笑



じゃ〜ん!
c0163369_23513485.jpg


ちゃうちゃう!
洗濯もんちゃうし(笑

黒いやつよ
トレーラーの横にありますやん
ごっつい黒いやつ

今週ちゃんと使えるかの事前確認をすませました
いい感じ♡

ふっふっふっ

お楽しみに〜




とはいえ、帰ってすぐはダウンタイムがあると思われるし
キャンプ場のレポを上げるには
相当面倒な写真の分別やらまとめやらの時間が必要なので
まずはこの新しいブツの紹介(レポ)ポストで
しのぐはずです(笑


他にも今書きかけの案件がいくつかあるんですが
どれもこれも
超長文だったり
まとめが面倒くさかったりで
一向に進みませぬ^^;

春休みの宿題として
新学期までにはお届けしたいと思ってるんですが、、、
ちょいちょいソバちゃんに逃げるかも(笑

のんびりお待ちくださいねー




ランキングに参加してますのでこちらポチポチっと2押し
応援いただければ幸いです

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
&


いつもありがとうございます!


by pediko | 2018-03-29 01:06 | こども | Comments(4)

ソバさんとおうちゃん


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ&

ある日のこと

いつものみりんを注文したら
思いがけない箱に梱包されて届いたので
ソバさんのプレイハウスでも作ってみようと思い立った



即入居
c0163369_23583125.jpg





全貌
c0163369_23583841.jpg




透明の筒は別の何かの梱包材を取っておいたもの
c0163369_23585598.jpg
気に入ってるよね(笑




これを見たおうちゃんが
妬んですぐさまに余った材料を使って対抗してきたんですが
これがなかなか、まったく入ろうとしない、

ふかふかのお布団もたくさん詰めてあげてたのにね

「なんで僕のおうちには入ってくれへんのやろ〜」
と言いながら
時間が来たので
仕方無く
しょぼんとしながら
学校へ行った

c0163369_23590610.jpg

後に残されたわたしとソバさんでしたが
それからほどなくして待望の瞬間は訪れた

わたしは心が躍って
ガッツポーズ

「早よ帰ってこーい」

c0163369_23591245.jpg

早く喜ぶ顔が見たいなぁ〜


と、おうちゃんが帰ってくるまで
ウキウキな幸せ時間を過ごさせてもらったのでした






いつものみりん







え、うそん?
明日バレンタインやん
知らんかったなー

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ&
↑↑

ランキングに参加してますのでこちらポチポチっと2押し応援いただければ幸いです
いつもありがとうございます^^



by pediko | 2018-02-13 00:31 | こども | Comments(6)