peddyのくまちゃん カメラを持って。

<< 秋景色・もみじ狩り

お多賀さんぽ‥隠れ家カフェ‥ >>

 

詰む。-詰んだ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
&

長男的に言うと今の状態がコレらしい(笑
いや、笑えん。




最終段階に入った時点での模試の結果がここへ来て悲惨だったんだと
(苦手な数学だけなんですけどね)
そんな長男の近々の声はざっとでこんなラインナップ

「苦手意識が先行して緊張で真っ白になった」

「今までやってきた分がいよいよ結果となって現れてくるはずの
この時期にこうなるっていうことは
これはもうダメっていうことやん、
今から巻き返しなんて間に合うはずがない
そもそもの能力が無いってことやから」

「ずーっとどの教科もさておきで数学ばっかりやってきたのに全く伸びないどころか
むしろ徐々に下がってきてるって何?絶望しかないわ」

「小学生の時からずっと何も変わってないし、できた時がない」(算数、数学)

「受験もまさに3年前と全く同じ流れやし同じ結果しか思い浮かばへん」

「今まで頑張ってきたの全部無意味で無駄やったわ」

「何食べても味がせん」「腹が痛い」「心臓の動きが変」「力が入らん」「頭痛が、、」


線路は続くよどこまでも。



大丈夫か?倒れるんちゃうか?っていうくらい
青白い顔して悲壮感を漂わせてるんやけど
じゃぁ焦ってるんか?といえばどっちか言うと
もう投げ出してしまってる感じ^^;

おーい

って呼び戻したい気持ちはありますが
まぁまぁ遠いとこまで行ってしまってるよねこれは

それまでも気持ちの紆余曲折など浮き沈みは繰り返しておりましたが
10月に入ったぐらいからのこの落ち込みっぷりはちょっと尋常ではない

こういう面、というか危うさがあるって分かってたのに
やっぱり夏休みに仕事を優先してしまった自分の頭の悪さにもうんざりする

けどサポーター業も辛い。
どんなにおだててもなだめても
もう小学生や中学生の子供じゃないからね
変に大人びてるというか冷静というか複雑になってるから
盛り立てようとあらゆる言葉を尽くしても全然なびいてこないし乗ってこない
自分自身への不満と非難を爆裂させてくるのをこっちも一つずつ受け止めて丁寧に全否定していくんやけど
尻から理屈でヒックリ返しにかかるので
押し問答のオセロ大会みたく延々決着がつかないのよね
そこを何とか最終的には「ちょい前向き」ぐらいまで持ち上げて「またあした、今日はお休みお疲れさん」で流す感じ
日による浮き沈みの差が大きいので毎日帰ってくるまで今日はどんなかな?とハラハラドキドキで
そりゃもうこっちの消耗もなかなかなもの



怖くて怖くて仕方ないんやなぁ
逃げ出したいんやなぁ
でもその気持ちは痛いほどよくわかってるつもりよ
でも何処かで、どんな機会でもいいから
「何をやってもダメな自分」ていう亡霊としっかり向き合って
ケリをつけないと終わらないような、
それが前に進むためには必要なことのように思えて仕方ないから
受験は丁度いいチャンスとみてしまうんだよね
でも最近出会った例の「知の体力」を読んでしまったからには
人生には答えがないっていうならどんなパターンにも未来は開けてるはずで
一概に自分との戦いだけが成長じゃ無いのかもしれない、
などと私にも迷いが生じてくるし
そんな時に凛太の負のパワーを存分に浴びせられたりすると
ますます「やっぱそうかも、ケリなんてつけられるわけないのかも
また傷つくだけで終わったら、、」と
気持ちが持ってかれてしまいそうになるんよね


受験生もしんどいけど
向き合う親も大概しんどいわ
私も楽な方に逃げたいんだね
我が子にここまで干渉せず
「向き合わない」選択肢もあったんかな?と
つい探ってしまう
いやいややっぱり何れどこかで詰まって向き合うことになって苦労するだろうから
それなら今のうちにしんどいことはすっきり済ませておくわ、と思い直す

忙しくても外に出て仕事に没頭してる方がずっと楽やった
子供と向き合うって、自分のことじゃないのに子供のことで悩むってことがこんなに辛くてしんどいとは。
長男に絞り出すようにかける前向きな言葉とは裏腹に
ここ最近日に日に消耗して落ちていく自分自身を実感してた
ようは母と息子、共々詰まりに詰まってたんだよね
身動きできないくらいに。

とどのつまりでようやく助けを求めたのがカイロの先生
「何とかなる?何とかして!」と泣きついた
強引な押し付けにも動じず二つ返事で「よし大丈夫や!何とかしてあげる」とすぐさま駆けつけてくれた

ありがたすぎる(涙


c0163369_17150319.jpg


こういう時にこういう存在があるって救いだね
私だけじゃない
人間て弱いからね
だから宗教も世界から消滅することはないんだもんね
自力だけで力が足りん時は他力に頼る
これでいいのだ

施術の後
ほっぺもほんのり赤みを帯びて
表情が少し明るくなったのを見てホッとした

それまで
「今日はどやった?ちょっとは気持ち的マイナスから脱出できたん?」
と聞いても
目も合わせず「別に。普通。」ってボソッと返すくらいだったのが
その日はなんだか饒舌でよく喋った
夜はぐっすり眠って、
翌朝もぐっすりで、
お昼はのんびりで、
結局、塾はサボった(笑

束の間安堵できたんならそれでよいわ

ちょっと検索かけてみただけでも
みんな一緒やなっていうことがよくわかる
凛太だけが弱いわけでもないし
弱いからだけでもない
そこまで不安になるのはそれだけ頑張ってきたっていう証でもあるんよね
努力してこなかったなら
点数取れなくても「やっぱりな」くらいしかないよね
「ちゃんと頑張ってきたんやもん、もうちょっとくらい自信を持たせてあげようよ」
強い自己否定感を何とか和らぐ方向で持っていけないものかな

さらに調べてみると心因的要因で凛太のような状態になることもあるらしく
そうなるとますます「気の持ちよう」でなんとかなるもんではない
「試験恐怖症」とかいうらしい

<体に現れる症状>
頭痛、腹痛、吐き気、嘔吐、下痢、発汗、息切れ、震え、口の渇き、頻尿、動悸

<脳に現れる症状>
集中力の低下、精神的圧迫、フラッシュバック、不眠または過眠、恐怖感情、自殺念慮

<感情に現れる症状>
低い自己評価、絶望、無力感、失望感、欲求不満、怒り


聞き取りしてみたら当てはまりすぎてて怖い^^;
この場合親によるプレッシャーが大きな原因となってることが多い、とあったので
「自分に自信を持てるよう、挫折とも向き合って乗り越えて欲しい」っていう
こちらのそんな気持ちまでもそれに当てはまってしまうのかなぁ、
「大学進学ありき」なんて思ってない自分達でも無関係ではないのかも、と
ちゃんとサポートできてたのか?とか所々で襟を正して省みる必要があるよね
初めての子の経験は親にとっても初めてなので失敗ばかりだったのかもしれない
言葉選びにもしっかり気を配って残りわずかとなった受験生活を
ちゃんと応援してあげられたらいいな

安易に「頑張れ」っていうのも良くないんだって
「大丈夫」も使い方次第でNGになるとかで、
繊細な(あえてメンタルが弱いとは言わないw)子のサポートもほんと容易ではないよ
本当に神経症だとしたら改善には治療が必要になってくるけど今からじゃ全然間に合わない
(磁気刺激治療はとても魅惑的)
扁桃体の暴走を止める、、のくだりでカイロのことを思い出すに至った次第です
認知行動療法についてはこれから私が文献を読み漁ろうと思う


こんな調子で右往左往しまくって私が倒れても笑えんので
私もしっかり施術を受けてメンテナンスしてもらいました
リセット完了!
毎度不思議だけど理屈なしに楽になる
翌朝寝坊したのは実は凛太だけではなかったり(笑

かといって目に見える効果、、って言われるとそれは難しいのかな〜と思ってたけど
3日目の昨日も凛太のほんのりほっぺが持続してたのは驚きでしかない
悲壮感も見えずですごく穏やか

まぁでも凛太のことなのでこれからも落ちたり上がったりをきっと
当日の際の際まで粘って繰り返すんだろうね
その波に私もいちいちダイレクトに呑まれてね。

自分たちだけでアップアップしながら泥々に煮詰まってく前に
都度さっさとカイロの先生に泣きついて軽くしてもらうことにした
先生にもちょっと伴走役を担ってもらった感じ(押し付けたともいう)
ソバちゃんにも引き続きセラピー役を担ってもらうしね(笑


ようやく逃げ道が見つかって余裕ができたのか
これが書けてるんだね(笑
凛太のことまではわからんけど
私の詰まりは少し改善できたみたいです

いよいよ来週あたりから怒涛の公募推薦入試が始まります
気を引き締めて
体調管理に尽くさねば

全国の受験生とその伴走者にもエールを
あと少しだけ、もうちょっとだけ頑張ろうね








ランキングに参加しています
ぽちぽち2押し頂けるとありがたいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
&

大学受験























by pediko | 2018-11-06 12:34 | こども | Comments(26)
Commented by tubara at 2018-11-06 13:15 x
pediさん、りんたくんお疲れ様です。
久しぶりにコメントします。

私自身の大学受験はもはや20年前で、具体的なことは何もアドバイスできず残念です。。
未知なるものへの怖さとか、自分のこれまでの自信崩壊とか、真っ黒なモンスターに襲われている気持ちですよね。
受験は圧倒的に公平で誰も変わってあげられない、こんな事、なかなか無いですから。
身ひとつで勝負する体験を楽しんでと言うには無責任ですが、その先の未来を夢見て、あと少し、ぜひ諦めず頑張って欲しい。
私は当時親も多忙で、pediさんほどフォローして貰っていないので、りんたくんは本当に愛されて、慈しまれて、幸せな子だな、と思います。
乗り越えるべきものは、まずはそこまで行かないとと乗り換えも挫折もできない、それがしんどいですよね。
でも孤独な受験にも、こんな素晴らしいお母様と家族がいるりんたくんに、悪いことなんて起きっこないです!
まだまだ巻き返せる時間もあります。りんたくん、応援してます!

Commented by yokattara at 2018-11-06 16:32 x
どうやってこのブログに行きついたかも忘れてしましたがたまに読ませていただいて楽しんでおります。私も体に関わることに従事しておりますが、フェルデンクライスメソッドというものもおすすめです。よかったらネットで検索して見てください。りんた君の症状にもピッタリ、生きるのが楽になります。彦根あたりで教えておられる方の情報をネットで見たことがあるのですが、遠いかな?
Commented by chisato-antares at 2018-11-07 08:16
おはようございます
初めてのコメントかも
いつも更新を楽しみにしています
我が家は24歳になる長男だけが大学受験をしました
その年はインフルが大大流行し主人、私、次女が罹患してしまいました
受験生がいるだけで大変なのにインフルになるなんて
しかもみんな予防接種していたんですが
なるべく接触しないように気をつけて生活したことを思い出しました

さて、受験ドキドキですがあちこちの模試を受けていますか?なるべく試験なれしておいて方がいいのかな
あとは今さらですが武道をやっていたのであればその礼法を改めてゆっくりやり直す
やったことがないのであれば武道や書道をちょっと始めてみるとか
道がつくものは礼儀作法や心を落ち着かせてくれる所作がありますよ
書道もかなり心が落ち着きます
どうかな?

今年は甥っ子が同じく大学受験

受験まであともうひと踏ん張り
気持ち穏やかに過ごせますように
Commented by こぶたママ at 2018-11-07 16:47 x
子供の事は自分の事よりほんまにしんどいです。我が家は大学受験には縁がないからわかりませんが、二浪ブログなどを読んでいたら親の苛立ち不安なとをよく書いてあり、どこの親御さんも必死だなといつも思います。

もちろんそれまで努力して希望通りの結果になることが素晴らしいと思いますが、どんな仕事でもどんな状況でもそこで生きられる力が身につけばいいかな?と最近思います。我が家の次女も大概色々やらかしてくれているので凹んだりしてますが、出来る限り愛情かけていたら何とかなるかもなと思うようにもしてます。自分で頭を打たないとわからないものもありますしね。
凛太君今の高校に入ってよかったと思っているなら、これから先の結果もよかったと絶対思える日が来ます。努力している過程や悩んだ過程こそ大事なんじゃないかなと思います。かなり知能が高い大学を出た方でも仕事が出来ず、、、周りが読めない人います。それより人に優しくできる、おばあちゃんと仲良しな凛太君素敵だと思いますよ。
子供の事はダメージ大きいです。ほっておけたら楽かもしれませんけど、でもいろんなこと学ばせてもらってます。

私も旦那も専門学校卒なのですが、その資格が活かせたらかというと全くです。長女も歯科衛生士だけど、愛知に行ったらしないかもと言ってます。でも今大変だけど幸せを感じてます。

凛太君がやりきった!とか俺は凄い!と思えたらいいですね。

親子で十分向き合ってると思いますよ。男子で口すら聞いてくれないともよく聞きますし。カイロでスッキリ出来るのいいですね!
Commented by やや at 2018-11-07 18:04 x
ずーーーーーーっと読ませていただいていましたが、大学受験のつらさが他人事ではなかったので、初めてコメントします

理系のくせに数学が中学の時から大の苦手で、センター試験8割5分は必要なところを志望しておきながら現役生のときは数ⅡB(今もあります?笑)で6割届かなかった人間です
浪人しても8割は届きませんでした
二次試験は現役のときは大問5つあって1つも解けず、浪人して2つかそこら
当然、一浪しても国立前期は不合格でした

ついでに化学も得意ではなく、浪人時のセンタープレ(センター試験の前月)は66点でした

でも、得意科目だった英語、生物、地理は絶対に落とさないという気合いでたぶん苦手科目以上に勉強して、化学はセンタープレでドン底に落とされてから一から勉強し直して(というか不十分だった暗記部分を叩き込んで)、センター試験本番で96点を取って、化学の苦手意識もなんとなくなくなってきて、二次試験に数学がない国立後期(第一志望校です)でやっと合格を掴みました。現役の推薦入試から4回不合格を経て、5回目の正直でした

ちなみに、予備校は授業が長くてしんどくてだいぶサボって自習室に引きこもっていたり、駅前だったので駅ビルに遊びに行ったりしたような


突然自分語りが長くしまってごめんなさい
こんな人間でも最後は第一志望校に合格できたよってほんの少しでも気が楽になっていただけたら

大丈夫、とか、絶対、とかは言えないですが、逃げずに本当に頑張ったことはきっと良い結果になって戻ってくると信じています
苦手と思って緊張できるのも、絶望できるのも、頑張っているからこそ
頑張ってたら、いつかきっとなんとかなる、が大学受験を経た後のわたしの持論です 笑

苦手科目がどんなに勉強してもダメなら、せめて足を引っ張りすぎないくらいにして、得意科目を伸ばすことに注力するのもいいんじゃないかなーと
りんたくんの第一志望校が国立か私立かにもよりますが、国立だとしても二次試験に苦手科目がない学校が第一志望ならなおさら
わたしの大学受験がもう10年以上昔のことなので今だとそれでは厳しいんですかね…?


最後に、わたしが現役生の時の前期試験で第一志望校の大学生にいただいてそれから合格するまで1年ちょっと心の支えにしていた言葉を、ありきたりですが、りんたくんへ
「努力はきっと裏切らない」
Commented by at 2018-11-07 20:24 x
心からくる症状か・・・
これは難しい。

ある人が「これで」良くなっとしても、違う人には「これが」あてはまらんことが多いし。

体験したことが無いからね。
こういう心理状況が判らんのよ。
やるだけやったから、後はなるようになる・・・という体験ばかりだったから。
なのでアドバイスもできんし、どうしたら良いのやら・・・

言えるとしたら、「健康にだけは気をつけて」ということくらい。
自信があっても試験当日に体調を崩したらそれまでだから。

ペディさんも体調に気をつけてね。
Commented by たんたん at 2018-11-08 00:21 x
私なんかがコメントするのはおこがましいと思うのですが…。
りんたさんは優しくて穏やかで朗らかでほわんと陽だまりのよう。
受験含め願いを叶える為には苦しみが先に来ますよね。
りんたさんはまるっと素直に全部を受けちゃう?受けてしまうのかな?
痛みを知ることが出来る人は人に寄り添うことが出来る人だと思います。
今はとても苦しい時期、こんなに考えてくれるpediさんがお母さんで心強いと思います。
うー( ˃ ⌑ ˂ഃ )ありきたりの言葉しか出てこない自分が腹立たしいのですが…。
pediさん・りんたさん!九州からパワーを送りますね!(๑•̀ㅂ•́)و✧༄༅༄༅༄༅༄༅༄༅
Commented at 2018-11-08 10:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pediko at 2018-11-08 13:46
> tubaraさん
ごぶさたです!
貴重な経験談ありがとう〜
20年前どころか私なんて大学の受験経験自体がないから
そこまで自分を追い込んだことないまま来てるんよね
だから本当に辛さ苦しさは想像でしかない
それに当時の親って今ほど子供の進学に手をかけてないのが当たり前だったような?
親の辛さも子供の辛さもさっぱり未経験すぎて、、
受験の仕組み、種類とかも最近までよくわかってなかったし
志望大学のチョイスも塾と担任と本人任せで
大学受験そのものには向き合ってなかったから
フォローと言ってもすっごくお粗末なものでしかないかも、、

私が向き合って行き詰まってるところは
本人が受験に対してそこまで追い込んでる割に
その先に夢や目標を全く見出してない、ということなんですよね
それ無しにどこまで頑張れるものなのか、、、
まだほとんど定まらずですごい葛藤とか迷いとかが渦巻いてる段階なんやと思う
ペースが、、、遅いよね、だから相変わらずすごいチグハグなままで。
そこをなんとかしたいと思ってきたんですけどね、、未だにどうにもならず
でもその「長男のペース」に付き合う覚悟はあって
どこかで過去の自分と決別して、どこかで夢や目標を見つけてくれたらなと願うだけですわ
大学受験の機会ががその「どこか」のタイミングじゃまだないとしたら
その時のための足がかりとなるような居場所にたどり着いて欲しいための大学受験、になるかな

応援ありがとう!
Commented by pediko at 2018-11-08 14:05
> yokattaraさん
長きの間、時折のご訪問頂いてたなんて
本当にありがとうございます!
ありがたいアドバイスまで頂いて
とても参考になります
フェルデンクライスメソッドは正直初めて聞いた言葉です!
まだまだいろいろあるんだなぁと知って嬉しくなりました
ちょこっと検索してみました
メソッドの創始者が物理学者ってところが興味深い
研究者が存分に追求して完成させたモノってことですもんね

他にもヨガも太極拳もピラティスも良さげだなぁと思うことはたくさんあるんですが
そのどれもリンタに勧めてみたってやろうとはしません
どれもやっぱり最低限本人が「良くなりたい」「何か試してみたい」っていう
気持ちがないと無理なんですよね
そういう前向きな気持ちは残念ながらまだ無いので
やはりせっかく教えてもらったのに生かせることはできなさそうです
申し訳ない
でも私にとって知れたということはまた一つの幸いとなってます

カイロも連れて行くとなると嫌がって無理だったと思うのですが
家に来てくれたから、なんとか機会を得られた
自分で何をするでもなく施術を受けるだけ、だから続いてる
そんな感じなので今はこれで何とか調整するしか無いんですよね

何よりご親切なお気持ちがとても嬉しくありがたかったです


Commented by pediko at 2018-11-08 14:22
> chisato-antaresさん
初めまして
コメントありがとうございます
長くお付き合いいただいて本当に嬉しいです
貴重な経験、
親側の実体験もただただありがたく感謝です!
確かにインフルエンザ、驚異ですよね〜><
まだそこまで頭が回ってなかった
受験生以外の家族がそこまで罹患したとなると
心情のほどどれだけだったかお察しします
私も気をつけないと、ですね
予防接種は罹患するしないにはあまり関係ないので悩ましいですが
吸入系を予防薬代わりに入手できたらいいかも、、

模試は受けてます
本人はそれで一喜一憂してるみたい
未だに模試でも緊張がすごいんでしょうね^^;
武道はやってないですが
道なら書道が!
本当これはいいかも!まさに精神の安定(笑
すぐにできるし私も久しぶりに筆ペンじゃなくて
毛筆を出したくなりました
大げさにしないで一緒にやる感じでテレビの時間にでもやれたらいいですよね
アドバイスに感謝です!

甥っ子くんもあと一踏ん張り
完全燃焼したいですね
Commented by バムケロ at 2018-11-08 20:05 x
ペディさん、受験生の母、おつかれさま。

ペディさんのおいしいごはんと、あったかいお風呂と布団で、りんたさんサポートしてあげてくださいね。
(私が受験生のとき、入学後の目標なんてぜんぜんなかったなぁ。学部もいろいろ受けました。いま思うと、親もあんまり分かってなかったんでしょうねー笑)

ペディさんも、カイロやらでリラックスして、詰まりが少しずつスッキリしますように。

Commented by pediko at 2018-11-08 22:18
> こぶたママさん
ほんましんどいよ〜><
大学受験そのものがしんどいのか?っていうと
そうとも言い切れへんのやけど
子供をソコソコでいいからいっちょまえに
送り出せるよう仕上げるってことがほんまに、

凜太の今までの経験とか今のしんどさも確実に自分の糧になってるってことを
本人が全く理解しようともしないもどかしさ
ただ子供に見合った境界線については親も重々見誤るので
どこまで背中を押せばいいのか
どこから引き戻さんとあかんのか
そこの判断に苦悩する
痛みの基準が人それぞれ違うのと同じでどこまでの負荷に耐えられるのか
「受験生なら」のくくりじゃなくて「りんたなら」で見極める難しさ
せっかくの受験ていういい機会ではあるけど扱いが難しいなやっぱり

こぶたママさんもきっと同じかなと思うんやけど
希望のところに合格するってことじゃなくて
ちゃんと成長できたか?ってことに重きを置いてるんよね
点じゃなくて幅のある成長
特に凜太にはそれが無いと、体裁だけ整えたってその後が続かなくなる気がするから
でもねー落ち込んでる姿見るたび見極めを私はまたミスったのか?っていう不安が押し寄せてくる。それが今一番辛いとこかな
大学進学ありきで良しとするなら夏くらいでほぼ決着つける選択肢もあったから

生きる力、本当これに尽きますよ
次女ちゃんもいろいろとやらかしてくれるんですね(笑
試されて親の生きる力ばっかり伸びますね、寿命は縮むけど(笑

歯科衛生士って
重宝だよ〜国家資格だもんこの先長女ちゃんの助けになること間違い無し!
専門学校もいいやんー
私は何にも考えてなかったから高校も普通科卒業で何も無しやもんね
手厚い凛太が羨ましいくらいよ(笑
良くも悪くも感情をぶつけてくるのは関係良好のうちと言い聞かせて(笑
向き合ってまいります!
Commented by pediko at 2018-11-09 00:07
> ややさん
コメントありがとうございます
またとっても貴重なお話でかなり参考になります
何よりいいなぁと思うのは
受験生の段階で明確に自分の目標が定まってて
その目標に向かって5回も粘り強く挑戦できたこと!
本当に素晴らしいと思ったし
まさにそれくらいの気概が凛太にも芽生えてくれたらな〜と思ってしまいます
すごい成長が遂げられそうで

とか書いてたら凛太が帰宅したので期待を込めてこのコメントを読ませてみたところ
とても興味深く拝見しておりまして
信じられないくらいすごく似てるんですよね
数学苦手なのに理数系
得意科目も英語と生物(地理は履修していないけど好き)
化学も苦手(有機化学だけ得意だそう)
塾もたまにサボって目の前のショッピングセンター内のゲーセンに逃げたりってとこまでも(笑

読んでの第一声は「受験て10年経っても何も変わってないんやな〜」
でした(笑
数Ⅱbもしっかりあります
でも何よりその後に続いたセリフがびっくりで
ちょっと心して聞いてくださいね

「こんな自分の失敗も込みの経験を親切におしえてくれる人がいるんやなぁ
いい人やなぁ
5回も諦めずに行きたいところに挑戦したってかっこいいな
なんか頑張る気になってきたわ」

「僕も最後まで諦めんと挑戦してみるわ!」

だって。
ややさん、そんなつもりなかったと思うけど
1高校生の心を動かしたみたいです(笑
ほんとありがとう
やっとどこ本命でいくかも決心がついたみたい
(今の今、11/8 23:45頃です)ウケるー(笑

親としても結果はね
はっきり言ってどうでもいいの(笑
大学にはどこなと行かせてやるつもりやから
こういう気持ちがずっと欲しかっただけで。
だからすごく嬉しいです

私のつっかえも取れたので
あとは一緒に頑張って走りますわー
楽しくなってきた♡

ちなみに落ち込んでた前回のマーク模試は
数学30点だったらしいわ(笑

Commented by pediko at 2018-11-09 00:27
> 俊さん
ありがとう
私なんてやるだけやったら、、の
やるだけやった経験もないから(笑
ほんとわかってあげられへんのやけど
りんたには何か越えねばならぬものがあるよね、と
ずっと思ってて
毎回それに受験を使うのもどうかと思うけど(笑
ほんとにいい機会やなと
前回の失敗もいい傷として残ってるけど
もはや失敗とはいえへんと思ってるし
親心として今回も何か得て欲しいと願ってるけど
それが志望校合格っていうわけでもなかってん

でもブログしててよかったー
今回もたくさんの人がすごく親身になって色々と言葉をくれたおかげで
私自身もじっくりじっくりそれを読んで、返事書いて、で心を整理することができてるし
何より凛太の意識まで変える機会をもらえた
ほんまにいつもありがとうね!
いつもいつもずっと応援してれてるトシくんの存在は
存在だけで励みになってるから

闘魂!健康管理
やね(笑



Commented by pediko at 2018-11-09 00:30
> たんたんさん
とんでもないよ
ありがたい限りだよ
いつもほんとに
ありがとう
たんちゃんも大変なはずやのにね
いつも気遣ってくれてさ
凛太って優しく見えて
実はかなりたち悪いとこあんねんでー!(笑
どんだけ手こずってるか
なもんでありがたく
九州パワー頂戴するねー
感謝です^^
Commented by pediko at 2018-11-09 01:14
> at 2018/11/08 10:54鍵様
ごぶさたですーありがとう!
娘ちゃんそんなに壮絶な受験やったんやね
超進学校に在籍する苦悩ってのもなかなかのものやな
浪人ありきで全員国公立目指すなんて想像もできないくらいハードな世界やー
ほんとに娘ちゃんえらかったねー頑張ったね
よかった努力も報われて!

うちはそんなすごいとこ受けないから高校受験と今と負荷はあんま変わらんて(笑
やっぱリンタは高校受験失敗して助かったんかも
似たような進学校やったからきっと乗り越えられずで完全に壊れてた可能性大やわ^^;オホホ

我が家の計画には浪人は無いよー
だってまずそこまでして行きたいっていう目標がなかったんやもん
浪人なんてなりようがないどころか
やっと今第一志望が決まったくらいやで(笑
親が一緒に模試の結果に右往左往するなんて経験もゼロ
メンタルの波に連動して一喜一憂を繰り返して消耗してるだけ
そもそも親は大学受験そのものにはほぼ向き合ってないから(笑
自分も経験してない、今の複雑な受験の仕組み理解するのも難しい、
大学の案内のパンフレットみたって何のことかさっぱりで
科の名前見ても何もピンとこないようなレベルの人間が
一体何をアドバイスできるやら^^;
もっぱら受験に関しては塾と担任と当事者の凛太にお任せするのが一番理にかなってると思って丸投げ状態でしたわ
こないだ偶然のひらめきで公募推薦だけ直前に口出しして変更になったけどね(笑

娘ちゃんみたいに厳しい受験を戦おうと思ったら
やっぱ親も鍵コメさんくらい精通したサポートができんと頼りにならんのやなーと
つくづく、、私にゃ到底無理だわ
ほんまにすごいなぁって感心するよ

数学脳では決してない凛太やけど、、
そこまで数学ができひんとは私は思ってない
ずっと頑張って取り組んできたんやもん
マーク模試は30点だったらしいが(笑
力はもっと持ってると思うんやけどねー
本人の過小評価さえ乗り越えたらちゃんと結果も伴ってくるはずやねん、、楽天家か!(笑

参考にならんくらいすごすぎる受験体験やったけど
聞かせてくれてありがとう!
今後の娘ちゃんのことがすごく楽しみになりました
また聞かせてね
Commented by pediko at 2018-11-09 01:24
> バムケロさん
ありがとう〜
ご飯とお風呂とお布団ね
確かに的確な重要案件だわ!(笑

本人の目標決まってなく、親御さんも不案内という中で
ちゃっかり進学決めたバムケロさんはなかなかの生きる力の持ち主よね(笑
そういうたくましさをウチのにも身につけて欲しいところ

カイロでスッキリブログでもスッキリ
いい感じでまたぼちぼちやってけそうです
ありがとう!!
Commented by ナコ at 2018-11-09 10:34 x
すかっりすっかりご無沙汰しております。二年前長男受験時に駆け込み寺させていただいたナコです。
御無沙汰しておりますが、ブログの更新はいつも楽しみにしています。
今年は次男が高校受験。次男は目標校に揺るぎがないので二年前とは違って(二人目の余裕かな)母は送迎サポートのみの気楽なものです。
大学受験!未知の世界ですねーーうちも来年が恐ろしい。子供って自分の分身みたいなものやから、しんどい姿を見るのは自分のこと以上に胸が苦しくなりますよね。でもしんどいってことはそれだけ受験に、自分の人生にしっかりと向き合ってるってことですよね。りんちゃん凄いです!かっこいい。私は自分が大学受験の時なんて受かればいいやぐらいの軽い考えしかなかったなー(だから大した人生歩んでいませんが)
 そして毎度のことながらpediさんの心身共にピタッと寄り添い、的確なサポートは尊敬でしかありません。
pediさんのブログを拝見して、自分を反省して私も頑張ろうって思いなおす日々です。
カイロの先生も神様ですねーー私今、肩こり?寝違え?精神的??からか首が回りません。神様団体施術開催はもうありませんか?
Commented at 2018-11-09 10:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pediko at 2018-11-10 22:56
> ナコさん
お久しぶりです!
いつもありがとー

もう今度は次男くんの高校受験かぁ
早いねー
今回は余裕が持ててるようで
いいやんいいやんー
こっちはまたもやあたふたで
全然的確なサポートなんてできてまへん^^;
尊敬なんてしないでー
またゆっくりお茶でも飲みたいな
でもウチもこんなして手こずるのはたぶんやけど長男だけの予感(笑
同じ親の子でも本当全然個性が違う!
首は大丈夫?
重症?
カイロの会を開催するほどの余裕は今の所ないけど
急なタイミングでよかったらナコさんは近いから
リンタのついでにお願いできると思うんやけど、、、
ぎっくり腰系の施術なら近所にももう一人達人がいるから
そちらも紹介できるで
カイロじゃなくてガチの整体
実は明日次男を連れて行くところ
また直接でも連絡してきてくれたらいいしねー

Commented by pediko at 2018-11-10 23:00
> at 2018/11/09 10:37鍵さま
そんなそんな訂正しないで大丈夫よ(笑
知ってるもん
鍵さんが家族のことにいつも一生懸命なのは!
すごいことやと思うよ
その気持ちに娘ちゃんもちゃんと応えてくれたんやん
2年後も今のままでゴーで全然大丈夫やん
楽しみやね
Commented at 2018-11-13 11:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by pediko at 2018-11-13 14:16
>at 2018/11/13 11:44鍵様
なんとそうなんですね!
すっごい地元中の地元ですやん(笑
結構長い事そんな近くから見守ってもらえてたとは
嬉しいですー
応援までいただいて本当にありがとう
息子さん小3かぁ
でもね一緒ですよ!高校生のリンタとサポートの内容も大変さも
ただ私は色々と至らなくて息子が3年生の頃にはまだ全然鍵様のように
サポートしてあげる事が出来なかった
それゆえの「こじらせ」が厄介なレベルまで引き上がってしまってて
本当にそれが申し訳なくてね
小学3年生から親にしっかり理解してもらってサポートしてもらってる
息子ちゃんは幸せ!
ちょうど次男の同級生でクラスメートにほぼほぼ6年間親御さん付き添い&別室授業やった
お子さんがいるんやけど
今は(中2)もう〜すごいよ!!すごい元気にのびのび学校生活満喫してはります
だから分からない先のことまで不安になってるのは勿体無い
今の毎日毎日の積み重ねが必ず未来のどこかで実を結ぶはず
そこを楽しみにのんびり構えるのが身のためと思います
先は本当に長いから
でも一人で煮詰まるのは全然良くないので(実体験!)
もしそんな時があれば声かけてくれますか?
こんなに近くならお茶でも飲んでゆっくりしましょうー

Commented at 2018-11-15 15:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-11-15 15:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。