peddyのくまちゃん カメラを持って。

 

<   2011年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

こどもたちにもありがとう

こっちきてから
子ども達がほんまによう頑張ってくれてます

りんたは
朝起きて一番に掃除機をかけて
ごはんを食べたら
実家の方へ洗濯にいきます
最初は二層式やし無理やとおもってんけど
やりたいし教えて!と覚えてくれた
c0163369_891997.jpg



「脱水が難しかったけどもうバッチリ〜」
c0163369_885488.jpg

お風呂掃除とその準備も凛太がしてくれてる


おうちゃんはこうみえて
c0163369_88479.jpg




靴を並べてるとこです(笑
c0163369_884011.jpg

しっかり「脱いだときにちゃんと並べてよ〜」と指示を出しています


あとはいちくんも凛太の手伝いや
ご飯の用意とお手伝いをいっぱいしてくれるので
ワタシの負担も気持ち的な面も含めて随分楽になりました


病院ではほとんどをこの歓談コーナーで過ごして
ずっと待ってくれてます
c0163369_8105530.jpg




ばあちゃんが眠った合間にはちょっとでも何かの足しにと
勉強をおしえてるのであそんでばっかでもない(笑
c0163369_8101915.jpg

こんなとこで集中しなさいというほうが無理なんやけど
ダレながらもようがんばってると思うわ
ほんま
見直した
もう長男ヘタレなんて言わへんし(たぶんw


おうちゃんも
交流活動にはげんでます(笑
c0163369_894052.jpg

すっかり仲良しのこのおじさまも
無事に退院されていきました


ときには騒いだり走ったりのこどもを
看護士さんや
患者さんが
叱って励ましてと温かく見守ってくれてはるのも
ほんとに
ありがたい




それでもやっぱガミガミ怒ってばっかのオカンやねんけど
ほんまはこうやって感謝してるんやでってことを
この場にコソっと残しておきたいとおもいます





にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ & 人気ブログランキングへいつもありがとうございます
by pediko | 2011-04-28 08:46 | お母はん(姑)のこと | Comments(21)

いろいろあるよね

(また長なったな〜w
気が向いた人だけどうぞ)


最初の頃はね
遠く離れた親の面倒を見るなんて
勘弁してほしいわ〜って煩わしく思ったのが正直な気持ち
「長男の嫁」が重かった
でも今さら逃げたくても逃げ出せへんし、仕方ないやんと
スタートはそんな程度だったのは確かな事実

けどそんなこんなで
ワタシは初めて姑さんと長い時間を共にするという経験をした
毎日毎日寄り添って濃ゆい話をいっぱいした

春休み前、最初に来たばっかりの頃は先の不安感から
噛み合わんお母はんとの会話や(どっちも頑固やさかい^^;)
親戚の言葉や
買うから捨てさせて〜と逃げだしたくなる洗濯物など(笑
介護のほんのヒトコマでの衝撃などから
毎日のように愚痴ばっかりやったパパへの電話が
だんだんと自然に感謝の言葉にかわったとき
ええ経験させてもらってるんやな〜って実感した
これはほんっまに経験してみんと分からんことかもしれんけど
親の面倒に携わるって全然損なことではなかったんよ
自分はこのことで確実に何か一つ成長できたな〜、
大事なことを教えてもらえたなとおもってるねん

昔は大家族やったから皆が自然とこういう経験ができて共に成長もできたんやろうな
けど今は核家族やしそういうこともなかなかむずかしくなってんやなー


当初先生には
容態が安定したら滋賀の病院に転院させてもらうということで話がついていたん
そうすれば
おかあさんもおとうさんもきっちり面倒を見ることができるから、それが一番やろと

けどずっと寄り添ううちに迷いが出はじめた
おかあはんは生まれも育ちも何もかもずーっとこの町で
ここにいっぱいの友達がいて
兄妹がいて
人生のすべてがあったんやと思うと
それを最後の最後で
滋賀に来てもらおうやなんてなんかこっち都合すぎるんかもって思えてきた
最後の一仕事を前にさぞかし心もとない話やったろうにと今では申し訳なく思う
そやのにお母はんは一言も滋賀に行くのを嫌とは言わなんだ

もちろん無理な場合は無理やで
無理を押してまでは生活も崩壊するしそれはまた違うと思う
「これから生きていく人間の方が大事」派(笑
けどワタシの場合、最初は無理やと思ってたけど
よく考えたら無理とも言えへんような、、、
その気になれば子どもを一時転校させて母子赴任しようと思えばできるかもな、
子どもらの性質(順応力高し)を鑑みても可能やなと
そんなようなことを考え始めた矢先
先生から二回目の抗がん治療がうまくいかなかったと説明を受けた

もう手の施しようはない

どっちにしろお母はんが滋賀に移ることはなかったんやね、、、

今お母はんはほんまによう頑張ってます
レントゲン写真の肺は真っ白
呼吸器をつけてうまく効かない麻酔のなか、苦痛に耐えに耐えてがんばってる
夜中どうにもたまらんなったときはワタシの名前を呼ぶらしい
すごい信頼してくれてるねん、全幅の信頼やねん
そんな気持ちにワタシも一生懸命応えようと必死に支えてます
ワタシだけでなく
子ども達もそう
とてもよくやってくれてる
入学したてのいちくんともども学校も行かず
毎日病院で学校より長い5時間、7時間もの間、文句もいわず頑張ってつきあってくれてる
それどころかばあちゃんを励まして支えてる

でもそんなワタシと子ども達も
決して超人ではない(笑
やっぱり支えは必要やと思うねん



こっちきて今一番
うれしくないのは
親戚からの横やり
お葬式の準備の指示や(オプションやグレードまで)
果てまでは49日や初盆やらその先のことまで(笑
お義父さんのことまで決めてくる
かと思えば
パパ、お義姉さん呼んでの話し合いにはワタシ無し^^;

自称「妹みたいなもん」のおとなりさんまでなんでもかんでも言うてくる
いつも昼過ぎから夜まで病院いってたのがたまたま朝からいって夕方長屋にいると
「なしあんた今日は病院行かんのか?」とか
いや行ったし
ていうか
行ってなくてもなんでそんなこといちいち言われんとあかんねん
病院の花もあんなん置いたらあかんよ
邪魔なるし
赤い花もいけんし縁起が悪い
ぽとっと落ちる花もいけん
とか、、

「なぜ?」
おかあはんが喜んでくれるならそんでええやないの

ま、言うこともきかんけどね(笑


とまあ
土地柄!?なのか
親戚近所が異常に干渉してくる

それがうれしくない
いつも監視されてるようで気が休まらへん

そんなこんなに
くじけるようなタマではないけど
愚痴は吐きたいサ
話を聞いてもらって
「それはちょっと無いな〜」とか100%味方して励ましてほしいなとは思うねん

けどこれ系をパパにいうと
もっすご嫌がる(笑

じゃどこに言うたらええねん?

子ども?(笑


しかたない

ここしかないでしょう


ということで
ご清聴ありがとうございます(笑






昨日ついに
親戚と嫁の板挟みに耐えかねたパパが(笑
「おかんに聞くのが一番てっとり早いのに
なんでまだ分からんかな〜鈍感!?
電話でそれとなく伝えて聞いてみるわ(葬式のこと)」
というてましたが

やっぱそれはないわな^^;


とめます。ハイ
パパを追い込んだワタシが悪うござんした


たしかに終い支度をなんもさせんままっていうのも
かわいそうな気もせんでもないねんけどな
なんか言うておきたいこととかあるかもしれんやん
けどな〜
「今一番したいのは?」の先生からの問いに
「家に帰って洗濯やらそうじやらそんなあたりまえのことがしたい」って^^;

やっぱこのままでいいと信じてるしかないよね






とはいえ今日は楽しみなこともあります

きのう緩和ケア病棟の先生と面談することができて
その先生がすごいおもしろくて話をたくさんしてくれはる先生で
(ま、ねほりはほり聞かんと対応できひん科ではあるんやけど)
それでも仕事以上に話をしたり聞いたりしてくれる先生で
話しただけですごい気が楽になったん
いうこといちいち気持ちを理解してくれはんねん 

結果
今日から緩和ケア病等に移ることが決まりました^^
痛みのコントロールの専門なので
かなりお母はんのケアにも期待ができます
今までの担当の先生がよりよい時間を過ごすためにとすすめてくれはったん
ただ一切の治療をストップして点滴とか栄養補給もやめて
静かに死を受け入れるという特殊なとこなので
うるさい親戚がおらんかどうかとか聞かれます(笑
あと本人が終末を理解してることも大事だそうで
その二点ともがクリアできてないっていうと
受け入れもむずかしいかな〜となりましたが

お母はんが希望をつなげてとっても楽しみにしていたので
せめて診察だけでも、、とお願いしたら
即部屋まで行ってくださり
本人の意識がすごいはっきりしてることに驚かれ
その本人が
全権をワタシに一任ということで、
「親戚のいうことは気にせんでええ、お前の好きにしたらええっち」ときっぱりいうてくれたので
先生が引き受けてくれはったん
抗がん治療も一切しませんよと聞いてもその意味が分かってるかは疑問やけど
「もうしたくないからええ、痛いのだけ何とかしてほしい」と言うてました


つきそいもしやすいし
子どもらもきっと楽になるはず
今日午前中には引っ越しも完了してるので
またそんなことの紹介もできたらいいね

緩和ケア病棟なんて存在自体が未知の世界なんで
興味津々です
そんなことない?
あ、また不謹慎なこというてる?
(*´艸`*)フフフ




きのうは言われた通り葬儀会場にもいって
話を聞いて
予約もしてきました

そういうもんなん?
知らんかった、、、

なんかいろいろ考えてしまったんやろか
12時に寝たのに3時には目が覚めて
それからぜんぜん寝れそうになく
4時にパパに「ねれへん〜」とメールして(笑
(大丈夫もう職場についてる時間です)
電話かけてくれたしちょっと話して
あとはブログ書いてました


何かほんと
こういう場所があってよかったーと思う



ありがとうでございます

ほんとにほんとに。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ & 人気ブログランキングへ
by pediko | 2011-04-28 07:57 | お母はん(姑)のこと | Comments(33)

いぐさ草履(外履き編)&履き物

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ & 人気ブログランキングへ

クロックス系のゾーリが、
ワタシには全くあわへんねん
あれ通気性が良いってのがウリなはずやねんけど、、、
あかん
履いてたら足裏全体がムズムズしてくるし長い時間はいてられへん
造りに工夫があっても素材自体が向かへんのやと思うわ(ワタシには)

というわけで長年自分用にはビルケンシュトック、
子供用にはエセクロックスで通して来たわけですが(笑

やっぱ子どもにも心地よい素材のんを履かしたろうかな〜とかいう仏心が沸いてきた矢先、
の一昨日!
おうちゃん公園からうんこ踏んずけて帰ってきおってん><
それがもうちょっとやそっとじゃなくてねもーうサイアク!!
まだ洗えるクロックスでセーフやわさ
ていうかエセにしとけば躊躇なく捨てられたのによ〜〜(涙
いややっぱ捨てよかな


というわけで子どもビルケン、あえなく却〜〜〜っ下!ありえへんわ
人工素材にまみれとけ〜って感じです

けどちょっと前に
りんたに続いていちくんもいぐさ草履をオーダーしてましてね
(pentiくんが丁寧に手作りしてます)
最近それが届いてかなりかわいくて気に入ってるんで
紹介させて頂こうと思う。

小倉にも持って来てるんよ〜
今回はスリッパ代わりでなく外履き用でお願いしました

のがこちら
c0163369_23561781.jpg




すごいかわいいと思うんやけど〜

鼻緒の布はおまかせやなくて自分の好きな布を送りつけました(笑
それのが確かやと思うw


なんといってもいぐさやからね
自然中の自然素材!
すっごい気持ちいいのよね〜
これが外で使えるようになったら
子どもらの足もムレムレせーへんでええやろな〜って思う
最初は親指の間が痛い〜と挫折しそうになってましたがすっかり慣れたみたいです
c0163369_23562430.jpg




ジーンズにいぐさ草履ってのもなかなか意外性あっていいかもですよ
c0163369_23562780.jpg




ぞうりだけみてもかわいいけど小さい足がはまってるとなおかわいい♪






c0163369_23565041.jpg

これはもういちくんが、というより
ワテがとっても気に入ってるので

ぜったいうんこ踏むなよ!!と念じるほかない




こちらのいぐさ草履
とっても丁寧に頑丈に作り込まれております
モノは間違いないです^^
20センチまでの外履き子供用は送料込み¥2000
(布の持ち込みは300円引きでOKとのこと♪)

オーダーはこちら→いぐさ草履HP

よかったらどうぞ!!

ワテも次また外履き用を頼もうかなと考え中、、、、

とかいいながらまだまだ靴下はいても大丈夫なサボが恋しいので
昨日これを注文したとこ→ビルケンシュトック ローリー
だって今フエルトの冬用履いててそれしかないねんもん

あ、ライトブラウンの23cmはワテが最後の一足でした、ごめーん
あ、と思ったらまた在庫補充で全色そろってるわ(23センチ)^^


この色もかわいいと思う♪ローリー シャンパンクリーム



このかわいさで送料込みこのお値段なら
もうこれでいいかも、とも思う
↓                ↓



















いつもありがとうございます
その一押しがとっても励みです↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ & 人気ブログランキングへ









昨日のお花♪
おかあはんのお庭より拝借
c0163369_0553427.jpg

by pediko | 2011-04-26 01:02 | 雑貨 | Comments(11)

病室を彩るもの

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ & 人気ブログランキングへ
ちょっと前まではなるだけ食べたいもんを食べてほしくて
そんな差し入ればっかりでしたが
もうそんな時期も過ぎました
食べたいものがなくなったとき
次にできるのは病室を穏やかな雰囲気に彩ること

そう思って花を届けています

実家の側の河原では
水の流れにとってかわって菜の花が咲き誇ってます

c0163369_13214229.jpg




おかあはんも見慣れたこの景色
c0163369_13215495.jpg


そんな風景も切り取ってお届けしてみたり



c0163369_13233366.jpg




スーパーの片隅に売っていた小さな花束
「100えんと100えんと10えんで買えるん?」
「じゃ、いちくん買えるからばーちゃんにプレゼントする」と買ったもの
c0163369_13231331.jpg

写真がこれしかなかってんけど^^;ご飯じゃなくて奥の花ね

いちくんにはそういう気前のいい優しさがあります(反してりんたの財布の紐は固い^^;)
コンビニの震災募金にも額は小さいけどちょこちょこ入れてはります
月100円のおこずかいやのにもらってそのまま募金箱直行しようとしたときは
さすがに止めてしまった^^;
やりくりも覚えてほしいからね〜






しかしこの色気のない生け方^^;
c0163369_13234365.jpg

(奥のバックはローラアシュレイの雑誌の付録やけど素敵やで〜
雑誌は写真集代わりにめくるだけw)



ばーちゃんに一番好きな花は?
と聞いたら
薔薇でした 乙女なのね〜(笑
それもピンクか赤
さっそくリクエストにお応えして
c0163369_13235017.jpg

「ほんと匂いがしよるね」とめさ嬉しそうやった
薔薇の花束の資材を使って他のも全部お化粧できました^^
こうすれば花瓶はペットポトルで十分
持って帰らなくてもいいしね荷物も増えまへん


あとはいっぺんに持ってかへんことやね
今日はこの花よ〜って小分けにするほうが
毎日の楽しみになる

こうみえて(どうみえてんw
お母はんは花を売ってはったので
花が好きです
いまでも市場の資格証持ってるらしいわ




花のほかにはこんな彩りも
c0163369_1324078.jpg





どんどん増えてきます^^;
c0163369_132487.jpg





けど昨日の夜のこの二人の合作はとっても素敵やってん
c0163369_13242268.jpg






一面の花畑
c0163369_13243628.jpg


実はワタシがまだ小さい頃一度チチが心肺停止を経験してましてね(笑
あの世とこの世のはざまを経験してるんです
そのときの光景がまさに花畑
一面の見たこともないような美しい花畑やってんて
この話他の体験者も同じように言うてるのでたしかではないかと思ってる
信じてる
そこにいるときは何の恐怖とか寂しさもなく
ただきれいやな〜って幸せな気持ちで思ってたって

チチの場合はそこでどうしても抜きたくなった特別きれいな花を
なんでか手に取るのをためらったときに
こちらに戻ってきたらしい

その後
「なんでとってしまわへんてんよっ」
とことあるごとにワタシに言われ続けたのは言うまでもなし。



この絵をみたときふとそんなことを思い出した
昨日の夜はいつもよりさびしがって一人になりたくない風で
なんとなくワタシも帰りたくなくて
で随分長居してしまった^^;
けど途中
がばっと起きたかと思うと
「今死ぬるかと思った、こわくて起きた」とおびえた顔で言うので
なんでそんなん思ったん?
怖い夢でもみたん?
というと亡くなったお父さんが現れたとのこと

そんなものなのかな〜
不思議やなと思いつつ
「大丈夫よ、そばについて見てるから死んだりせんよ
ゆっくり寝て」

と寝かしつけた

おかあはんはウチのチチと真逆のパターンをいっていて
全く自分の死期を察していない
今もこの状態が安定すれば一時帰宅で家に帰れると思ってる
だからそのとき足がふらつかんようにと
食べたくもないごはんを必死に食べている

退院してからは地震がこわいからと
古くなった実家のリフォームについても話す
ほんとに何も知らないのです
自分の病気と死がまだ結びついていない
ワタシ達もだったらこの期におよんで言うこともないね、と話し合って決めた


だから思ってもないのにそんな夢を見るなんて
ほんとにお父さんがそろそろやでと迎えに来てはるんかな〜って思える
ワタシ不謹慎なこというてるんかな?
けどほんまにそう思う
でもこうも言ってあげたい
たぶん死ぬのは怖いとこへ行くことじゃないよ
そんなに怖がらんでも大丈夫よって

すごくきれいな花畑
おかあはんもワタシもそのうち見るのはたぶんそんな感じの光景だよと。







いつもありがとうございます
その一押しがとっても励みです↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ & 人気ブログランキングへ


今日は庭に咲くチューリップを持ってこかな
ペットボトル、ペットボトル(笑
by pediko | 2011-04-24 14:13 | お母はん(姑)のこと | Comments(13)

入園準備に作ったもの ちくちく日記

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ & 人気ブログランキングへ
今年の準備はバタバタのまっただ中だったけど
やっぱ作ってあげたいし、、、ということで
いつか徹夜した〜言うてたときの作品たちです

おうちゃんグッズ紹介します〜


まずは体操服入れ
普通の巾着でええねんけど上二人使ってみて
しっかりした持ち手ある方がいいな〜と思ったので変形バージョンにした

c0163369_1347853.jpg

もうちっと小さくした方がよかったかな
でもやっぱ持ち手は引っ掛けるにも持ち歩くにも扱いやすい
面倒やし底は正方形にしてんけど丸にしたらもっと体操服入れらしくなったやろね(笑
大きいポッケには汚れ物入れのビニール袋を入れときます

このポッケ飾りは パッチワークとキルトの違いも分からんかったワタシが
まだ忙しくなる前にフェリシモの手作りキット に手を出してトライしたもの(もう新しいシリーズになってる^^;)


c0163369_13471561.jpg



初心者用ってことやったけど
ほんまの初心者にはちと説明が足らん気がする、、、よう分からんねんw
c0163369_13472168.jpg

ちょうど一個できてたんがあったし使ってんけど
けっきょくこれだけしかできてまへん
なのに毎月キットが届いてきます^^;どしよ


絵本バックはおうちゃんチョイスの豚さん布で簡単に一ひねりもなく作った
c0163369_13472826.jpg





コップ入れと給食袋はお気に入りの布で
c0163369_13474242.jpg

naokoはんありがとう〜♪使ってます^^





ずっとおうちゃんイメージで作ってたのに
つい自分好みで作ってしまった上履き入れは
やはり未だにおうちゃんにはしっくりこない(笑
c0163369_13475090.jpg






もうここまで来たら今更寝てもな〜と
半ば投げやりな気持ちで作ったのは
子ども用にイメージしたネックストラップ&携帯ストラップセット
c0163369_1348179.jpg


子どもの成長に合わせて長さ調節ができるようにしてんけど
大人でも携帯ストラップをつなげたときと鍵とか身分証のときとは長さが違うので
便利かも

子どもにはキーケースはもちろんやけど
自転車の鍵をつけてほしいな
ポッケにいれていつも無くしそうやねん〜

このセットはすぐにお嫁入りしてしまったから
またいつかいっぱい作りためて手作り市に参加したい!

無心になれたこの一晩は
体の疲れとはうらはらにとっても充実していました


おうちゃんも
喜んでくれて頑張った甲斐があったしね^^




いつもありがとうございます
その一押しがとっても励みです↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ & 人気ブログランキングへ
ちょこちょこっとお返事できてるとこもあります
by pediko | 2011-04-23 14:34 | ちくちく日記(布・木) | Comments(24)

遅咲きの春

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ & 人気ブログランキングへ

パパな、、、
ちゃうねん(笑
リアルパパを良く知る人は昨日のパパの下りではウケてたと思う
昨日も電話で
このブログみてまたじーんときたくらい(思い出して)
ほんま自分にもそういう部分がちゃんとあったんやとわかって心底ほっとした
って驚きまじりに喜んではりましたから^^;

おかんのことならともかく、その他のことはまだまだ、、
「もうちょっと考えなあかんでな」っていうたら
「そやな俺もとうとうバカボンのパパと同じく41歳の春を迎えたからな」
と答えてましたわ><(爆


色んな意味で遅咲きの春(笑
そんな春の情景を
ワタクシもお届けしようと思う

自宅の近所で一回だけ桜さんを撮りに散歩へいくことができた
今年はそれが最初で最後の桜でしたわ〜
c0163369_11582216.jpg




c0163369_11582974.jpg




c0163369_11583581.jpg




c0163369_11584916.jpg

カエルの子はカエル
ワタシに似たんやな(笑
情緒豊かたっぷりてんこもりのおうちゃん(爆




反して
同じくのつもりが
やってまういちくん

「・・・・・・・・」
c0163369_1158582.jpg

良い子のみんなは真似しないでね^^;





桜さん
今年もちゃんと咲いてくれてありがとう

バカボンパパ
どうかパパを導いて〜




さて洗濯も終わったし
そろそろ病院行ってきま^^

こっちきてからご飯食べれるようになったし
点滴が外れたんよね^^
おかあはんも頑張ってるで〜



いつもありがとうございます
その一押しがとっても励みです↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ & 人気ブログランキングへ
by pediko | 2011-04-22 12:18 | お母はん(姑)のこと | Comments(9)

今のこと

ずっと回顧録だったので
この辺で「今」のことを少し(笑


おかあはんもウチのチチも
ワタシが心配してたことにはならないように
とっても孫孝行ぶりを発揮してくれて
無事に一連の行事を終えることができました

ありがとう。


おかげさんで
新入生として、小さい組さんとして全く別世界へのスタートを順調に切ることができました
これからはそんな成長を少しでも長く見守ってもらえたらなと切に願う

そんな矢先の出来事ですが
担当医から直接電話がありました
「そろそろお母様の付き添いをお願いできますか?」と

それはちょうどパパが二度目の小倉出張へ旅立った翌朝のこと
ワタシは「やっぱりか」と思った
だいたいパパが二週間も続けて小倉の出張が当たるなんて奇跡に近い
その時点で「お母はんが呼んだんやな」って思ってた


やっぱりそうやったんやなって思いつつすぐに荷造りをして
その日の内にみな連れてフェリーに乗った
それが15日のこと
それからずっと小倉におります

二週間も続けてパパの顔を見ることができたお母はんはとっても嬉しそうでした
素直に「嬉しい」と言うてました
でも少し話をするとすぐにふっと眠ってしまいます
一日の大半を眠ってところどころで起きる感じ
でも起きてる間はとっても痛くてツライようです
何度も起き上がって座ってみたり
横をむいてみたり
やっぱり寝たりと色々動こうとするのですが
どの体勢もしっくりこないようでつらそうです
マッサージだけが僅かな緩和ケア、いやただの気休めかもしれません
こちらがそれをすることによって何か納得したいだけなのかも

パパも一生懸命マッサージしてた

普段感情を表に出さない人です
それでワタシはいつも彼のことを誤解します(笑
そして一人いろいろと思案を巡らせては勝手に寂しい気持ちになったりして
正直、何度想像離婚を繰り返してきたか分かりません(爆

今回のおかあはんのことでもワタシでさえこんなに一生懸命になって
心配するのに、泣けてくるのに

久しぶりに帰った我が家で
実の息子である彼はやはり淡々としていました
その表情からは何もつかめず
何を言っても気のない返事

家族が揃って嬉しいのか、うるさいのか
寂しかったのか気楽やったのか
お母はんのことが心配なのか、会いたいのか
苦しいのかそうでもないのか
全然分からんかった

一つだけ明らかだったのは
ウチらがいないあいだに
どっぷり「少女時代」にハマっていたということだけ(爆
うれしそうに「9人誰が誰か名前と顔が区別つくようになったねん
ていうか今まで何で分からんかったのか不思議なくらい」と、
そうのたまっていた


ワタシはまた
すきま風の
「ぴゅぅううう〜」が聞こえた気がしたorz
病室にはおかあはんではなくワタシが横たわって苦しんでおり、
傍らでパパがiPodで少女時代を聴きながら無表情にマッサージしてる、、
そんな幻覚が一瞬見えたような気がして悪感に震えた  ((((;゜Д゜)))
(いやそんな笑うとこちゃうし)


自宅に居た一週間ちょい
ワタシは粛々と用事をこなしながらも
どこかアウェイ感が払拭できずに(笑
早よお母はんとこに帰ったらんと!と内心焦っていたのかもしれない

けど再会してほっとしたのも束の間
お母はんは見るからに弱っていた
もうふざけておうちゃんの鼻をつまむこともベットに肩を並べて腰掛け
昔話しに沸くこともないんやな〜って思うと胸が詰まった

パパは3日間の滞在中、仕事の合間をぬって3回病院へかけつけた
その様子にこれといっていつもと変るところは見受けられ無かったが
3回目、
いよいよおそらくこれが最後の別れとなるのだろうという最後の最後、
お母はんが眠ったのを見届けると一旦はそのまま病室を出ようとしたパパが
くるりと戻ってくると「じゃ!」と小声で言っておかあはんのおでこにキスをした
ワタシが「ほんまにもうええの?手も握ってやって」っていうと
手をぎゅっと握り
それでもまだ眠ってるおかあはんに何かを言おうとしたとたん
言葉にならず泣き崩れた

パパが声を殺しながら嗚咽する姿をワタシは初めて見た
「やっぱり寂しいもんやな〜」ってポロポロ涙を流すパパを見て
こっちも堪えきれずに一緒に泣いた
と同時にちゃんとそういう気持ちも持ってたんやなと安心もした(笑
「会えて良かったやんか喜んではるわ」て言うてパパの肩を抱き二人で病室を後にした




今は
先に帰ったパパの分も一生懸命見守ることがワタシの役目やと再度気を引き締めてるところです
人生最後にして最大の大仕事に向って一生懸命頑張って生きるお母はんを少しでも手助けして
最後の最後まで側で見守り、見届けたいと思います

子ども達にもそんなばあちゃんの姿、ワタシの姿
人生におけるとっても大事な過程を
ちゃんと見せたいと思います

学校は少々おざなりにしてでもね^^;


とまあ
今はそんな感じなのです










最後までおつきあいありがとうにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ & 人気ブログランキングへ
by pediko | 2011-04-21 11:33 | お母はん(姑)のこと | Comments(22)

おうちゃん、パパと一緒に入園式

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ & 人気ブログランキングへ

入学式のあとは入園式
ずっと「桜さんが咲いたら幼稚園の子になるよ〜」
といってたので
おうちゃんは桜の開花状況を逐一神経質に気にしていた(笑

週末の出張からちょうど帰ってきておやすみの月曜日だったので
パパも参加をとても楽しみに。

あいにく今年の桜さんはとってものんびりで
ワタシが「まだ起きてはらへんな〜、あんま咲いてないしまだ幼稚園ムリかも」
とかいうと

落ち込むおうちゃんを心配して、いちくんが
「大丈夫、いちくんの目覚まし時計貸してあげるから桜さんの木の下に置いてこよう!」って励ましてた(笑

桜は満開とまではいきませんでしたが
ポカポカお天気に恵まれました

が、支度をパパに任せたのが悪かったのかサスペンダーを忘れてしまったので
シャツ出まくりの一日となりました(笑
c0163369_10383896.jpg

(とはいえおうちゃんはラルフ一式、パパはユニクロのセール品、その差はデカイ)



c0163369_10384718.jpg

c0163369_10385696.jpg




パパまみれでのスタートに大満足だった模様
c0163369_1039368.jpg




しかしこの日はもっと特記すべきことがあった

なんとおうちゃん

入園式で

隣に座った女の子に一目惚れ!

恋に落ちてしまったのでした(爆
c0163369_10391153.jpg

(まだどなたのお子さんかも話もしてないのでお顔をお見せすることはできませんが
めっさ美人!w)
見る目はある(笑

それから毎日毎日その話ばかり^^;



おうちゃんの初恋の行方
どうぞ温かく見守ってやってくださいまし


(ていうか、こういうのワテも初めて、ショック〜^^;
いちくんどころかりんたでさえまだ全然で「好きな人は=かーたん(あとは男友達)」と当たり前顔で答えます)




この男、色んな意味で先が思いやられそうな気配^^;
c0163369_10392283.jpg










この日はワタシもちゃんと正装
パールのネックレスをつけてシルバーグレイのツーピースで参加しました^^
(凛太の入学式のときのですけどw)




ちょうどのタイミングで友達が赤ちゃんの散歩がてら遊びに来てくれたので
撮ってもらえたのでアップします^^
c0163369_10392917.jpg







いつもありがとうございます
その一押しがとっても励みです↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ & 人気ブログランキングへ

お返事遅れてますが
あきらめきれず、なので粘ってます
期待しないでお待ちください
by pediko | 2011-04-19 12:55 | こども | Comments(44)

いちくん入学式

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ & 人気ブログランキングへ

次はあっという間に入学式(笑

この日は二日前に小倉からもどったばかりで何とかモードを切り替えるのに必死でした
しかもま〜た寒くて雨模様な日^^;



だから手抜きしたってわけではないんやけど
いちくんはさらりと
ジャケットにジーンズでネクタイ無し!

c0163369_036736.jpg

これは「ジーパンで行きたい〜」といういちくんたっての希望があったからやねんけど
なんでかは謎
ま、そう言うならそれもオモロいかもとOKし
ストライプシャツにノーネクタイのスタイルをコーディネートしてみた
(日記も式ネタが続いたので変化があって結果的に良かったかもw写真的にも)

しかしラルフの紺ブレにジーンズってウチらの年代にはドンピシャ過ぎて懐かしくもあり
気恥ずかしくもある(笑

ランドセルは
やはしりんたに追随でアイボリー^^;
その意思は固く
かーたん希望のターコイズブルーの夢は叶わなかった
3人違う色が見たかったのに〜><、、

ちなみにおうちゃんは
これまた強い意志でもって
「絶対こげっちょ!」と今から言い切っておりますw(長いものには巻かれないタイプ)
c0163369_231528.jpg







そんな二人は何げに犬猿の仲ですが(申年、戌年)
仲睦まじい瞬間もある(笑
c0163369_0382692.jpg





c0163369_03834100.jpg




いよいよ始まった学校生活
最初はよそいきモードでいい子ちゃん風

c0163369_0384284.jpg


次第に退屈期に入り

c0163369_0384876.jpg

とうとう我慢ができずにいつもの調子に^^;





お隣りくんの大きなあくびを横目で見てからは

c0163369_0385679.jpg




ツボにはまった笑いがなかなか引かず
堪えるのに必死
c0163369_039778.jpg

先が思いやられるなぁ^^;




帰りは凛太はじめ上級生たちがお待ちかねです

c0163369_0391957.jpg



凛太も楽しみにしてたからね〜
雨もおかまいなしにそれはもう嬉しそうな仲睦まじいご帰還でした
c0163369_0392795.jpg

「帽子〜」^^;



とまあ
こんな感じだったんよ〜 いちくんの入学式は。 <パパさん
(ウチらが帰ると入れ替えで小倉出張へ旅立って行ったw)



いちくんがジーンズならワタシも雰囲気合わさんとね〜
ということで帰ってすぐにアウトレットへ走り(笑
B.C STOCKで光沢のある朱色のワンピを買って(¥7000くらい)
手持ちのスタジオクリップのキルティングジャケットを合わせた
ワンピの下はジーンズタイプのカルソンを膝下で折り返して履いてるん
バックはただのカゴ(笑
かなりラフなカッコと言えるでしょう〜(はっきりいって普段着^^;)






ていうか
お見せします(笑
c0163369_17345315.jpg

(この下はジーンズカルソンに革の茶ブーツ)







次の主役はおうちゃんです^^


いつもありがとうございます
一押しがとっても励みです↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ & 人気ブログランキングへ

お返事遅れてますが
あきらめきれず、なので粘ってます
期待しないでお待ちください
by pediko | 2011-04-18 17:43 | こども | Comments(11)

いちくん卒園式

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ & 人気ブログランキングへ

りんたの誕生日の翌日はいちくんの卒園式
おうちゃんもまだ不在
インフルエンザ明けで余分に一日念のため休ませてたので
これがぶっつけ本番となりました

季節外れの雪がちらちらする
ものごっつぅさぶい日でした^^;

c0163369_0281859.jpg

ネクタイでもなく蝶ネクタイでもなく女子用のリボンにしてみましたん(笑
いちこちゃんならではやね
靴下はおうちゃんの入園用に用意してたものを間違えて履かせてしまった
ほんとはもうちょっと短いのを履かせるつもりやったので
このハイソックスはちょいバランス悪かったな〜




この二人の対比がおもろい
c0163369_0282766.jpg





でも修了証をもらうときはこの笑顔
c0163369_0284068.jpg




きちんと和装してくれるママがいると式がいっそう華やかになる^^いいな〜着物
c0163369_0284669.jpg






c0163369_028536.jpg





c0163369_0292763.jpg






c0163369_0293593.jpg






c0163369_0294315.jpg






c0163369_029514.jpg


いちくんのときはほんとにいいお友達とママさんたちに恵まれ写真を
いっぱい撮ることができました
とっても感謝しています

素敵な瞬間を
素敵な二年をありがとうございました

みな新たなステージで元気いっぱい輝いてね〜!

c0163369_030025.jpg






c0163369_030984.jpg




そして
卒園式が終了後
家に帰るとすず荷物をまとめ
バタバタとおうちゃんを迎えにいき
またフェリー乗り場へと向かったのでした

なんか随分昔のことに感じるなぁ、、、







いつもありがとうございます
一押しがとっても励みです↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ & 人気ブログランキングへ
by pediko | 2011-04-17 09:29 | 日常のできごと | Comments(9)