peddyのくまちゃん カメラを持って。

<< キッチンの深型引き出しの収納 ...

箸休め的に、愛用品「菜箸」 >>

 

続)鍋、フライパン 考察記

書けたー
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ&



「続く」のまま年末からずっと放置中の
DIYネタに戻りたいのですが(笑

でもその前に
これまたず〜っと前
2014年に書いてた
の「その後」を先に書いておこうかな、と

あれから現在どうなってるかといいますと
けっきょく
ほぼほぼ 脱・テフロンできてるんですー!

ほぼほぼ、ですが。

ステンレスの使い心地がわたしにはしっくりきたみたいで
(ステンレスのフライパンは全てビタクラフトのもの)
もうあれから使用3年ほどになりますが
テフロン使いのときに繰り返してた劣化&買い替えのストレスから見事に解放されました

ただ、鍋は普通に使えても
フライパンの方がどうも難しかったので当初は苦戦してました
焼くとくっついて張り付くんですよね
お肉を焼いても目玉焼きを焼いても、、、

で、しかたなく
「普段使いではない」と言っていた鋳物鉄を引っ張り出してきて昇格させたのですが
するとこれがまた意外とその重さにも慣れるもんでして
今ではすっかり日常使いです
卵焼き用もすぐに二つ買い足しました



<もともと持っていた鋳物↓>

わかりやすいように全て目安は卵で表示します(笑

目玉焼き一個分

普段使いするようになったら蓋が欲しいけど11cmのってなかなか無い





大・目玉焼き3個分
蓋はビタクラフトの同サイズのとで兼用できてる






<脱テフロン化始めてから買い足した分↓>

卵焼き3個分

熱伝導にムラがあるのでちょっとコツが必要


あとこちらリンクが貼れなかったのですが
卵焼き2個分
右側のやつ→
c0163369_13353224.jpg
南部鉄器 玉子焼 ¥3000くらい
使い心地がよいのはこっちです!
熱伝導も均一で楽に焼ける







ということで
現状は前回のDIY記事にて紹介したこの写真の通りでして、
表に出して使ってる分の鍋、フライパンはこんなラインナップ
↓↓
c0163369_22453344.jpg
ステンレスと鋳物の二種類
(+最近カタログギフトを頂いたのでもう一つ鋳物のフライパンが増えました)


あとは表には出て無い分で

元々持っていたテフロンの大きめフライパンがひとつ
(こどもが使う時とすっごく急ぐときにちゃちゃっと調理ができるということで便利)
フィスラーのものなのですが
これがなかなか良品で長持ちでまだまだ使えそう(こちらもかつてのカタログギフトw)
ただこれが劣化終了となったらもうテフロンは買い直さず
完全なる脱テフロンへとシフトするかもしれません
といいますのも
ステンレス鍋は底にこびりつくのが厄介と言いましたが
最近はコツのようなものをつかんだかもで
だったらテフロン無しでもやっていけるんじゃないの〜?という希望的観測です

でもまだ成功率100%ではなく、、、
内容も「え〜!?それは無いわ〜」的なことかもしれないので
あえてコツの公表はしないでおきます、小心者なので(笑

例はいつものごとく目玉焼きですけどね
スルスルスイっと、くっつくことなく
好調なのは確かですヨ
c0163369_23244060.jpg
c0163369_23244293.jpg
c0163369_23244452.jpg



サーモンのバター焼きも
皮がくっついて剥がれることなく引っ繰り返せます
皮もパリンと
c0163369_13273134.jpg



チャーハンも薄焼き卵もお肉もくっつかず焼けてます
で、よし見切った!と思うと
ポロっとたま〜にくっつくからまた迷うのですけど(笑
「、、じゃないのかな〜?」っていう程度には
悟れてるかも(笑






表に出てない鍋、フライパンなどなど
c0163369_23285333.jpg

さらにまだ寸胴やストウブ系の鍋がありますので
なかなかの量^^;


この辺をどうやって収納してくのか
というのが次回からの
DIYネタへ続くわけでございます




処分したお鍋もあります
野田琺瑯の鍋一つ、
小さな傷と琺瑯部分のエグレで
鍋肌が出てる部分がけっこう出てきて気になってたから思い切って。
他にもまだタッパにもなる寸胴鍋やら色々持ってますが
野田琺瑯の鍋は総じて劣化しやすいと感じてます
というのも
鍋の厚みが薄いからです

手持ちの同じく琺瑯鍋のDANSKのと比べても歴然の差がある
DANSKのは厚みもしっかりあって断然長持ちです

では
野田琺瑯の質が悪いのか?というと
そういうことでもない

単純にDANSKと比べて
長持ち度も厚みも違うけど
その分グンとお安くて値段も全然違うんやから差があって当たり前なのよ
比べといてなんですが
そもそも比べるのがおかしいのよね(笑



琺瑯鍋自体にはもうあまり興味もわかないのですが
酸に強いのでジャム作りとかするなら
一つは持っておかないと不安かな

なので
野田琺瑯ががっしりした厚みの高価なお鍋作ったらどんななのかな〜
ってのは興味ありますが
今の段階で選ぶなら野田琺瑯以外ってことになるな

他にも鋳物琺瑯鍋というジャンルもあって
手持ちでいうと
ストウブやルクルーゼがそれにあたるのですが
これもできるなら縮小したいっていうのが本音です
重たいし琺瑯が剥がれるし(ルクルーゼ)

鋳物琺瑯鍋の良い部分も
ビタクラフトの9層鍋があれば十分代用できそうやなって思い始めると
ますますマイナスポイントにばかりに目が向いてしまうんですけど
高価なお鍋ですからね、簡単に入れ替えなんてできませんな

ビタクラフトも完璧ではないです
フライパン使いの場合だと
たとえくっつかなくても
立ち上がりとじっくり調理に
すごく時間がかかるので
急いでる時、
特に朝のお弁当作りなんかでは
困る!

鋳物がないと卵焼きも作れないし(四角形のが無い)
スピードも補えない

「脱テフロン」はできでも
「全部ステンレス」は無いな〜


ということで今のところ

<鍋>
ジャムとか用に琺瑯鍋一つ
炊飯とおでんとカレーで鋳物琺瑯3つ
残り全部は多層ステンレス

<フライパン>
鋳物鉄と多層ステンレス

あとケトル、やかん類は全部ステンレスに替えたい!


っていう態勢が理想かな
現時点でいい感じに近づいていってます



以上
お付き合いありがとうございました〜












ビタクラフトは9層でアメリカ製のウルトラシリーズの鍋とフライパンを使っています
(当時定価の60%で買った)

このシリーズ


その他ぶら下げてる片手鍋などは3層の廉価版ですが十分です
かなり便利に使えてお気に入り






にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ&
↑ランキングに参加してますのでこちらポチポチっと2押し応援いただければ幸いです
いつもありがとうございます^^



by pediko | 2017-06-11 17:53 | 料理・お菓子 | Comments(4)
Commented by at 2017-06-12 20:35 x
ちゃんと手入れして、食材を入れる温度とかもちゃんとすれば付かないということらしいのですが、我が家はズボラなのでテフロンとかセラミックとかを頼ってしまいます・・・

ちゃんと整頓したキッチンってカッコイイと写真を見て思いました。
Commented by おかん at 2017-06-14 00:07 x
キッチンまるでコクピットみたいやな〜!
かっこいい!
あ、ストウブ縮小するんやったら
下取りしまっせ!!!笑
Commented by pediko at 2017-06-14 14:48
> 俊さん
そうそうそういうこと
ちょっと面倒ではあるのは間違いない

ちゃちゃっと済ましたいならやっぱテフロン系に叶うもの無しやから
それぞれのニーズに合わせるのが正解やと思うよ

うれしい一言ありがとう!
生活感を滲み出すことにこだわってるから(笑

Commented by pediko at 2017-06-14 14:50
> おかんさん
うれしいわん
ありがとうー

ストウブは炊飯にちょうどいい大きさで今んとこ毎日使ってるねん
縮小したいのはルクルーゼの方、26サイズのデカ鍋^^;
同じ容量のビタクラフトと入れ替えたいねんけどな〜