peddyのくまちゃん カメラを持って。

<< うれしい便り

桜に誘われて。買い食い編 >>

 

桜に誘われて。お花見さんぽ編

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ&



お花見さんぽに付き合ってくれたのは
1年365日、
ほぼほぼ迷彩のおうちゃんです
c0163369_19212902.jpg
もう15年ほど楽しませてもらってる「オラが村の桜」




桜の綺麗さは変わらずですが

c0163369_20380198.jpg
長い歳月を経て
おうちゃんのデベソはすっかりへっこんでしまったようだ

気に入ってたのに。


c0163369_19475634.jpg


c0163369_21352967.jpg
「おうちゃんを探せ!」↑






答え
c0163369_20382405.jpg




ぃやっほ〜〜ぅ!!
c0163369_19481097.jpg
その自由っぷりがいつも眩しい








c0163369_20385700.jpg







c0163369_20390617.jpg







お気に入りの黒壁
c0163369_20412621.jpg


今年も楽しませてもらいました
また来年もよろしくね
c0163369_20405847.jpg


そしてこの春、
桜が散るように
我が家のpeddy(わんこ)も
静かにこの世を去りました
15歳でした
15年もの間一度も病院にかかることもなく
病気らしい病気も怪我らしい怪我もせずで
命を全うしてくれました
老いてから少しずつちょっとずつ輝きを失っていきました
もうそろそろ寿命なんかな?と思ったことがあったのですが
そこからさらに2年のんびり長生きしてくれました

最後の日、
いつも通り自分の寝床で休んでるのをみて
なぜかわたし分かりました
「peddy今日行くんやな?」
そう声をかけてしばらく撫で撫でしました
そのあとまた見に行くと
いつも通りなんやけどやっぱりちょっと違って見えて、
リビングのストーブの横に置いて見守りました

だんだんと生命の火が消えていくのが
撫でる手先から伝わってきました
夜中でしたが
こどもたちのところへ行って
「peddyもうすぐ逝ってしまうと思うで
最後のお別れせんでええか?」と声をかけました
下二人は寝ぼけて起きられず
りんただけが降りてきました
りんたはずっと頭を撫でていました
わたしも
「大丈夫大丈夫、
よく頑張ったね
ありがとうね」
と声をかけ続けました
そうやって二人に見守られる中
最後の瞬間だけカァっと口を開けて苦しそうでしたが
それもほんの一瞬のことでとてつもなく上手に亡くなりました

あっぱれです

「あんた(の死に方)がうらやましいわ」
思わずつぶやいたほど

どうせまた会えるしな
ま、のんびり待っといて、とも言いました
顔もすごく安らかでほっとした
夕方普通にいつも通りの食欲でごはんを完食して
その夜中に静かに息を引き取るなんて
ほんますごいよ
大往生やわ

生命に責任を持つということは
やっぱり
ほんまに重荷であると自覚せんとあかんね
かわいい、とか
さみしい、とかで
そんな簡単に決断してええもんじゃないな、と思った
15年といえばわたしの人生のおよそ三分の一を共にしてきたことになる
長いよ。
ほんとうに最後までちゃんと面倒をみれるのか?
そこに尽きる

わたしはたぶん
もう二度と長生きする動物は飼わない
よほどの流れもんとかが縁あって強引に押しかけてきたりしない限りは(笑
自分から飼うことはないな

ほんで最後まで面倒を見るっていうことは
必ず留めに寂しい思いをするということ
その寂しさに勝てるかどうか

総合してもう無理やな、と
小さい頃から何頭もの犬猫を飼ってきましたが
もう犬猫からは引退します(笑

わたしにとって
peddyは家族ではありませんでした
こどもたちと一並びには全く並んでないし
優先順位もものすごくはっきりしてましたから

犬は犬
ペットはペットです
愛玩であり、ええとこ相棒ってとこかな

長いこと一緒にいた分
存在が当たり前になってて
それがいなくなるとなると
身の一部が欠けてしまったような気持ちにもなりますが
だからといって
家族というのは違うだろう

そう言うと今の時代
割と高確率で顰蹙を喰らうんですが(笑
でもそういうひとが
死んだらすぐに新しい家族を買いなおす不思議


愛玩でもええ感じに痛いのに
これが家族やったら耐えきれん

でもええ先生でした
生き物はすべてほんっまにええ先生です

peddy、
長いことウチらの家族に付き合ってくれてありがとう
ごくろうさまでした
たくさんのことを教えてくれてほんまにありがとう
またね





私の桜ショット&お花見弁当
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ&
↑↑↑
ランキングに参加してますのでこちらポチポチっと2押し応援いただければ幸いです
いつもありがとうございます^^


by pediko | 2017-04-19 20:29 | | Comments(10)
Commented by たんたん at 2017-04-19 22:06 x
桜とともにpeddyさんは逝かれたのですね
私もpediさんと同じ気持ちです
ウチにも11歳心臓肥大を患う猫が居ます
猫は猫
長年生き物を飼っていて生き死にを学ばさせてもらって薄情かも知れませんが、ひと線引いてます
ただ可愛いや淋しいから癒されたいからでは彼等の命ははかれない
それ以下でも以上でもなく
人間の80年は犬猫にはたったの15年くらい
本当に不思議なもので、出会ったころは確実に歳上だったのに8年も経つと入れ替わる
でも、私からは変わらず守る命で
そう思えばこそ代わりのない掛け替えのない命なんですよね
新しく動物を迎えることは考えれません
peddyさん凄く幸せだったと思います
りんたさんに撫でてもらえて嬉しかっただろうな
peddyさんのご冥福を祈り変わらず皆さんの側にいるんじゃないだろうかと感じています
Commented by のんた at 2017-04-19 22:16 x
こんばんは。おひさしぶりです。

私も小さいころ生きものいろいろ飼わせてもらって学ぶこともおおかったから、こどもたちにもその経験させてあげたいけど、、、
無理です。。。
生命に責任を持つ自信がない。。。
歳とるほどそう思い、生きもの何も飼えません。

pediさんとりんちゃんに見守られて、peddyちゃん、幸せやったやろうな。

peddyちゃん、安らかに。
Commented by まーちゃん at 2017-04-19 22:29 x
虹の橋のはなし考えるだけで涙が出てくるけど、うちにいた犬たちとpeddyさんが出会ってたらいいなぁと思います。
悲しいけど、でもいつかまた!
Commented by at 2017-04-20 06:10 x
こうしてみると、おうちゃんも成長したね。
最初に会った時は幼稚園に入る前だったからな~。
タンスの中も迷彩だらけなんだろね。(笑)

peddyさん、逝ってしまったか・・・
遊びに行くとトコトコと近づいてきてくれて可愛かった・・・
15年、長生きしたね。
我が家は小さい頃にワンコ。
自分では文鳥を飼っていたけど、ペディさんと同じ気持ち。
小学校の時に飼った文鳥。
たかが文鳥と思われそうだけど、とても慣れてくれててね。
文鳥が鳥かごの中を鳴いて飛びまわると俺が学校から帰ってくるので親が「帰ってくるのが判るんだね・・・」と話していた。
ほぼ放し飼いだったし、よく手の中で寝てた。
4~5年くらい生きていたと思うけど、もう何も飼わないと思ったよ。
それから何回か鳥さんを見にペットショップには行くけど、飼うことにはなっていない・・・

数年で、しかも鳥でこんな気持ちになる。
15年で犬だったら気持ちに穴が開くだろうね。

あっちで「ぺぢこ来たんか~。」と言っている方がいらっしゃるだろうし、peddyも寂しくないんじゃないかと思います。
Commented by おかん at 2017-04-21 19:28 x
そうか〜
peddyさん、大往生やな
15年間、命を全うできたんやなと思うと
その命はほんまにきれいやな、最後の途切れる瞬間は美しいなと思う私ってちょっとズレてるかな?
うちは、三匹の犬と暮らしてきて
今また1匹の猫と暮らしてる
私の人生にほんのちょっと登場する動物たち
たまたま一緒の電車に乗り合わせた相棒
私の人生から降りていくけども
私もまた誰かの電車に乗り合わせた生き物なんやなって
そう思うねんな〜

おうちゃん、なんかたくましくなったな!
ほんで、桜きれいだね〜
Commented by pediko at 2017-04-25 15:43
>たんちゃん
逝かれました
もうそろそろやと準備はあったから
もっとさらっと逝ってくれればよかったのに
しっかりお知らせして看取りさせて
全員集合してるタイミングでお別れ会、と
家族気取りで匂いつけして逝かれましたわ(笑

猫氏11歳か〜そろそろ老後期よね
昔ながらのほどよい線引きと距離感での生き物飼いのスタイルが
わたしはしっくりくる
たんちゃんもそうなんやね〜
珍しいよ(笑

人生を共にする価値は大の命の先生やね
こどもたちに何かが残ってることを期待するわ
Commented by pediko at 2017-04-25 15:48
>のんたさん
おひさしぶりです〜
そんなこと言うのんたさんみたいな人こそ
動物飼いにふさわしいと思うけど
ほんと簡単じゃないよね
「買える」と「飼える」は別物
最後まで、、ってほんと責任が大きい

今後はふれあい動物園に通います(笑
Commented by pediko at 2017-04-25 15:51
>まーちゃん
虹の橋ってか〜
美しいね

また会えるっていうのは
なんとなくわたしもそう思うんだよね
今もウチに変わらず居るんじゃないのかな〜と
Commented by pediko at 2017-04-25 15:56
>としさん
そっか生おうちゃんは幼稚園児でしたか(笑
そらでっかくなっとるで
たまには確認しにきてちょ

ほんまに迷彩だらけ
っていうか
親も嬉しがってみつけたらついつい買ってしまう(笑
迷彩がなんかええもんに見えてくる不思議(笑

小鳥さんよくわかる〜〜
わたしも犬猫と同時に小鳥もたくさん飼ってきた
小学生のとき砂浴びさせてて不注意で
野良猫にやられて死なせたことがあって
それ今でも思い出したら胸が痛むし残ってる
小鳥もすっごく懐くんよね、、

「そろそろペディが旅立つからしっかり迎えよろしくね」
とは頼んだよ、チチに
Commented by pediko at 2017-04-25 15:59
>おかんちゃん
大往生には間違いないと思う

ズレてないよ
最後まで見守ったりんたが
すごく様子を観察してたよ、冷静に(笑
そんなこんなも含めていろんなことを見せてくれるし
教えてくれるのは貴重な存在

たまたまやけど
縁てすごくあるな〜って思う
そういうのには逆らえへんと思うし
大事にしたらいいよね