peddyのくまちゃん カメラを持って。

<< 凛太郎*小学校の卒業式

琵琶湖こどもの国*ロッククライミング >>

 

琵琶湖こどもの国を後にして

「続く」で終わってからえらい遅くなってしまいました^^;スンマセン
言い訳に卒業式やら来客続きやら、ほんでもってこの長文(笑


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ & 人気ブログランキングへ
ロッククライミングを終えて

しつこく雪が振り続ける中
こどもの国をあとにしてランチへと向かう


c0163369_13111850.jpg



いちくんのこの何とも言えん顔ったら(笑
出た、成仏顔〜w
c0163369_13145771.jpg






お店はここからほど近い
「cafe Lac」 てとこです
c0163369_1314223.jpg



目の前がすぐ琵琶湖という絶好のロケーション
吹雪で何のこっちゃですが(笑
c0163369_13315624.jpg

水鳥たちが雪の湖面にいっぱいいてます

道の駅風に地元のおばちゃんたちが集まって
お店を切り盛りしてはるんやけど
ウチの子供を見るなりタッパにパンの耳を山盛りにして
「ほら、鳥さんにあげといで!」と持って来てくれた

外は雪〜なんですけどね(笑
こどもらも「わ〜♪」言うて飛び出していった




c0163369_1315758.jpg





パンを撒くたびにどっひゃ〜と水鳥たちがバタバタして寄ってきます
雪なんておかまい無しやね
そら楽しいわこりゃ
c0163369_13151870.jpg






ごきげんないちくんも軽やかに餌付け
c0163369_13152762.jpg




おうちゃんは、、、
c0163369_13154578.jpg

もうええんちゃうん?^^;



ふと、
自分らの方がよほどお腹ぺっこぺこだったということを思い出し
慌ててお店にもどります(笑
c0163369_13161387.jpg

ここは手作りカレーが人気らしいねんけど
ほんっまに美味しかった〜

なんでも京都の山奥に半年くらい習いに通ってはってんて
レシピのノートみせてもらったけど
意外な食材とかが山盛りてんこ盛りやねん
辛いとかじゃないんやけど味わい深くて
こどもも大好きな味
やみつきになりそ〜

今日の大きな成果においしい料理って
そらもうりんたも早口が止まらんわ〜っていうくらい
よくしゃべるしゃべる(笑

「かーたん、
今までの凛太やったら絶対ゴールなんかありえんかったよな?
何か今日はパパとかーたんの応援の声聞こえてて
すごい力が沸いてきたしあきらめたくなかってん
でもまさか凛太がゴールできるなんて夢みたいや
自信ついた
またこれからもなんでもあきらめんと頑張るわ
あ〜めっちゃめちゃいい日やった!
ほんまに最高や〜」って目をキラッキラさせて言うわけ

だからワタシはすかさずこう返しました

りんた、あんた朝着いたときは
『さいあく』やって言うてたやろ?
窓の外見てみいよ
そんときと今と回りの状況は何ひっとつ変わってないで
一ミリもや
忌々しかった雪もずーっと降りっぱなし、
やのに今は『最高』てなってる、

変わったのって
凛太の気持ちだけやんか?

それがどういうことか分かる?
『最悪』も『最高』も自分の心の持ち方一つ、
回りのことなんか全く関係ないってことやねんで
『幸せ』か『不幸』かも同じことや
そういうのはどっかからやってくるわけじゃないねんよ
どんな状況中でも自分で決めて感じることやねん
残念なときこそ「何して楽しんだろかな〜」ってあえて口に出してみいや
楽しむアイデアが何か浮かぶかもしれんやん
残念なときに「最悪や」なんて言うて何になった?
パパは少ない休みの中、疲れを押して
あんたらのために頑張ってここまで連れてきてくれたんやで
パパがここで遊びたかったわけちゃうやろ?(笑
りんたの喜ぶ顔が見たいから行き先もここに決めたんやん
弟らは到着したとき雪なんか関係なくうれしそうに
「わー」って歓声あげてた

あんたの「最悪や」はたった一言で
そういうこと全部を台無しにしてしまうんやで
いっつも言うてるやん
言葉には言霊があるって、
今吐いた言葉には魂が宿ってて自分の未来を作っていってるんやでって
今回のも正にそう、
「最悪や」っていうたらそれを聞いたみんなも巻き込んで
「ああ今日は最悪なんや、、」って気持ちにしてしまう、
未来までもしっかり届いて
次またパパが凛太をここに連れてきてあげよう〜なんて
気持ちにはもうなれへんのかもしれん
言葉の力ってそれだけすごいんやで
だからしょうもないことは言うなっつうねん

ほんまやったらな
3連休中でもっと人が押し寄せて
予約もとれてへんたかもしれんところを
この悪天候のおかげでガラガラやったから
すんなり一番早い順番で念願のロッククライミングが
できたんかもしれんねんで

そうは思わんか?って。

凛太はワタシが話してる間中も
ずっと何度も何度も
大きくうんうんて頷いて聞いてくれてた

ほんでこれまたウソみたいな話しやねんけど
「凛太、今度はちょっと後ろ見てみ」って促すと
c0163369_1316298.jpg


c0163369_2211021.jpg


「な、こういうことなんやで(笑」って。

デキ過ぎ劇場には思わず笑えたけど
きっと偶然なんかじゃない
ほんまはあの後、
水鳥観察センター のカフェでランチと水鳥観察のはずが
ランチの時間に間に合わんくて食べ損なったことも、
こっちの店に流れて
かえって水鳥とよほど大迫力にたわむれたやんてことも、
カレーがおいし過ぎたことも
ほんでこの書に出会ったことも
全部みな必然やったとワタシは思う

凛太からほとばしる自信とやる気
それくらいどれもが凛太にとってすごい重要な後押し(だめ押し)と
なってくれたと思うから

すべてが凛太の追い風となってくれたことに感謝してる


一連の会話を
ずっとだま〜って聞きながらカレーを食べるパパの表情もめっちゃ優しかった
c0163369_13162361.jpg

あとはひたすらパパとタッグを組んで
お手柄の兄達を褒めて褒めて褒めまくったよ(笑



さて、
ここからさらにさらに遡ること
二学期の成績表をもらった面談の日(どんだけ〜w)
驚愕の「がんばろう」10個についてはひとまずおいといて
実はワタシ、先生にこんなことを相談してました

「先生、うまく言葉で説明できないんですけどね
なんか凛太って違うな〜って感じることがあって
ずーっと気になってここまできてるんです
いよいよ中学ってなるとやっぱ色んなことが不安になってきて、、」って

3人男の子をここまで育てて来たわけやけど
凛太に関してはやっぱ生まれたときからずっと特別な育てにくさを感じてきてたんよ
最初の子やからそんなもんよ〜と言われて半分は納得しててんけど
やっぱどうしてもスッキリしない部分があってさ

そしたら先生が
「お母さんがそう言うてくださるんやったら、
言わせて頂くと実は私も感じてました」ってきたわけ

あ、やっぱりか〜と思うワタシに

「もしよかったら一度そういう専門の知人がいますんで
授業中の様子を見に来てもらうことも可能ですが?」
って提案してくれはって
「それはもう〜ありがたいです」とお願いすると
続けて、
「もし、何か気になるところがあるとなったら、
脳の検査をすることもできるんですけど」ってことだったので
「ぜひお願いします!」と伝えてありました


で、けっきょく検査を受けることになったんやけど
やっぱデリケートな問題やしね
どうやって凛太に伝えるかで先生とも何度かやりとりしててんけど
けっきょく何も言えへんままやって
検査当日学校から帰ってくるなり泣きそうな顔で
「かーたん、やっぱり凛太の脳みそってどっかおかしいんやな?」ってきたわけ。
どーしたん?て聞くと
授業中に自分だけどっか連れ出されて変な問題を二時間くらいさせられたからっていうから
「ちゃうちゃう〜!(笑
あんたはめっちゃ自分に自信なくて『どうせダメや』ばっか言うてるから
このままやったら中学いくの心配やん?
そやし今のうちしっかり何が得意で何が苦手なのかをはっきりさせて
何を頑張ったらええのかちゃ〜んと準備して対策できるようにしたかったから
かーたんが先生にお願いしてたんやで」って笑って言いました

その結果報告についての面談がこのロッククライミングの翌日にあったんですけど
普通は拒否する子が多い中、
りんたは自分のことは自分でもちゃんと知っときたいからということで
一緒に受けることになりました

発達に遅れがあるとかないとか
そういうことを言わはるわけじゃないんよね

ワタシが凛太に伝えてた通りに
「こういうところが特に優れてました」
「こいういうことがどうしてもできない、苦手です」
っていうことを詳しく説明してくれはるんです

苦手なことには「ほらやっぱ中学校行く前に頑張らんとあかんところが分かって良かったやろ?」
といい、
得意なことには
「ずば抜けてるわ、天才やで、こんないいとこ伸ばさな損ちゃうの?」とか言うて褒めました
実際平均よりできないことなんて数値的には何もなかってんけどね
それよりできることがあるがゆえに
それを基準に判断して自分の中で他の全部が劣ってる、ダメだと自信をなくす、
そんな図式になってたみたい

でも得意なこと3項目に対して
苦手なこと・生じる困難例は
あわせて30項目あったので
状況的には不利やわな(笑

漠然としてた育てにくさの原因が
発達の遅れからではなく
発達具合のバランスの悪さから来てたんやなってことも
はっきり分かった
ようはまだまだ未完成すぎの不安定すぎやったってこと

だから今回こういう機会を与えてもらって
凛太のことさらに知ることができてほんまに良かったと思ってる
これからの子育てにもすごい影響があるやろう
凛太にとってもそう、
こっちが育てにくいと感じるっていうことは
相手も生きにくいって感じてたはずやと思うねんね
だからその理由を自分と親とで共有して対応してこうとすることは
すごいプラスに働くと思うねん

ほんでまたこの面談が
ロッククライミングで自信をつけた翌日やったことも
大きく功を奏しててね
なぜか凛太の頭には良かったほうの
3項目のことしか残ってなかったんよ(笑

ワタシが褒めて
「これって天才ちゃうん〜!?
でも天才もほっといたらタダの人やで
凛太は今までほったらかし過ぎてたんやな
これで頑張らへんのはめっちゃもったいなく無いか?」
って言うた言葉が脳内をリピートしていたみたい

だからなぜかすごい自信が上塗りされることになった(笑




(ここでちょっと
ややこしい経緯を箇条書きしてみます)

2月初め
いつものやる気の無さっぷりがお母さんの逆鱗に触れ
すごい叱られた際、このままじゃダメだとやる気を出した
さっそく心を入れ替え遅れを取り戻そうと自主学習を始めるも
さっぱり分からず

2/5 脳の検査(いわゆるIQテストみたいなん)

学校で分からないところを先生に聞きに行く
そしたら算数教室を開いてもらえることになり
週末学校で習うことになった

2/9 一回目の算数教室
さっぱりだったことが少しずつ分かってきたことで
それが楽しくてやる気が本気になってきた
自主学習にも熱が入る

2/11 ロッククライミング初挑戦にて
今までの自分の壁も一緒に飛び超えて達成できた
自分はほんとはやればできる人間やったんやと自信がつく
さらにここぞとばかりに親にコンコンと諭され
洗脳される(笑

2/12 検査の結果報告を聞いて
ああやっぱり自分にはすごい力があるんやと自信を重ねた
親も便乗して
「お前は天才や」と擦り込む(笑

2/14 バレンタインに初のチョコレートをもらった
完全に勝ち組だと錯覚する(笑

2/17 二回目の算数教室
   復習だったのが現在の授業内容まで一気に進む



とまあこんな流れできたわけなのですが
分かることが増えるにつれ苦手意識がなくなっていき
算数がすごい楽しくて仕方ない、と言うようになってきた
授業もしっかり受けられるようになり
家でも自主学習をやり続けていました

そんな中、二回目の算数教室の次に
学校で算数のテストがありましたん

「合ってるかは分からんけど
生まれて初めて全部答えが書けた!」って
それだけでも嬉しそうに帰ってきたんですが

その結果は
なんと
c0163369_1124457.jpg

りんたが算数で ひゃ、ひゃくてん〜!?(声がひっくり返ってる)
だったのでした
「全然ダメ」から「100点取る」までに
要した期間、約二週間というウソみたいな変貌です

けどワタシよりも本人より
先生、どんだけ嬉しかったん〜?ていう「ヤッター!」付きの答案をみて
涙が出そうになった
次のテストもvery very goodで100点とまぐれ疑惑を払拭
その後も100点じゃないにしても間違ったところが
「あーそうやった!」って
悔しそうにちゃんと理解できてるのが今までにない成長でした


ということで
ほんまにびっくり
どんだけすごいの
プラシーボ効果
っちゅう話ですわ(笑


その後もひたすら褒めて褒めて褒めまくる日々(笑

また、このりんたの100点ショックは先生だけに留まらず
クラスメート達をも驚愕させて巻き込むぐらいの出来事やったみたいで(笑
「まさか凛ちゃんが!100点取るなんて!これは自分もやらな損かも!」と
みんなのやる気スイッチまで刺激し、
凛太一人から始まった算数教室がその後大盛況となったようです(笑

最後先生にお礼を言いにいったとき
「凛ちゃんのおかげでクラスのみんながやる気になってとてもいい空気になったんですよ」

とまで言うてもらえました



とは言っても
おとぎ話のようにそれからずっとめでたしめでたし。ってわけはなく
また紆余曲折
相変わらず上がったり下がったりを繰り返す凛太さんなのですけどね
そんでええのよ^^

調子いいときばっかなわけないもん
でも
後戻りしたって低迷したって
ゼロに戻ってるわけでは無いねん
いい意味で昔の自分にはもう戻れないようになってる

今現在の凛太を見ても
下がってもまた持ち直すまでのスピードが早くなったし
今までになかった「努力」ってことが
ちょっとずつ身に付いて来たように思う
中学校への不安もすっかり期待へと変わってる
卒業式の前日にもらってきた最後の成績表も
「良くできた」と「がんばろう」が見事きれい〜に前回とは大逆転してました

やっと当たり前のスタートラインに立てたんやな〜って思います


一連のできごとを振り返って思うに
どれをとっても無くてはならない
さまざまな要素がすごいタイミングで絶妙に絡み合い
凛太を押し上げて奇跡を起こしたんやな〜って(笑
この大事な節目でそういうことがあったってことはほんまに
ありがたかったなって思います
何に感謝したらいいんやろね?
お母はんかな?チチかな?
ちゃんと見守ってくれてるんかも


その子その子のタイミングってもんもあるんやろね
焦る必要ってないんやわ
あとは親がそのチャンスを見逃さんように
そっと後押しできたら言うことなしなんやろね

同じとこばっかをぐるぐる回って繰り返してるようでも
実はちょっとづつ前に進んでるって信じて
落ち込むことなく気長に付き合うことも必要やな
短気なワタシはすぐに相手から思うような反応が返ってこないと
あきらめて投げ出しそうになるんやけど
そのときまるで響いてなかったかのような言葉も
実はタイムラグがあって
その先の未来でしっかり届いてたりするんよね
伝えたいことが相手に伝わるスピードは
必ずしも自分と同じじゃないってことやねん
だから相手に届くかどうかなんてそっちのけで
根気よく、あきらめないで
ずっと語りかけ続けることが
めちゃめちゃ大事なんやなってことが分かった




ワタシは凛太の将来が楽しみです
ワタシが楽しみにしてるこどもの将来というのは
こどもたちがそれぞれ「自分の人生は楽しい!」って
感じて生きていてくれること

だからワタシも自分の人生は楽しいって思うことで
親孝行しないとな
「楽しい!」って言葉に出して
さらなる幸せを呼び込まんとなって思えるようになった

凛太を育てるパパとワタシが
凛太にいっぱい教えてもらって育ててもらってる

大なり小なり誰にでもワタシにも悩みぐらいはあるわな
それが自分の努力次第でなんとかできそうな場合はまだ希望が持てるけど
自分の力ではどうしたって解決できない問題だってある
けどあきらめる必要は無いねん
例え問題そのものが何一つ改善してなかったとしても
昨日と同じだけの涙が出ない今日は
やっぱりそれも一つの前進やのよ、(笑
そうやって一日一日生きているだけで
その内いつかふと気付いた時には笑ってるってね



回りの状況なんか何も関係ない
全ては自分の心一つや、なんて
凛太に説教してるつもりが
実は自分が気付かされてるだけ

「子育ては親育て」
とはよう言うたもんやな〜


『自分は家族に生かされてる!』

このことを胸に刻んで
感謝して
またボチボチやってこうと思うのでした








ほんでもって
常軌を逸した長文にwしびれを切らさず
お付き合いくださったあなたさまにも
ありがとう!!





ランキングに参加しています
ポチッとクリック一つで応援ポイントが加算され只今のランキングもチェックできます
ぜひ一日一回ぽちぽちをよろしくおねがいします〜
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ & 人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます


週末またお出かけ予定もありますので
コメントのお返事&更新遅れるかもしれません
by pediko | 2013-03-23 01:53 | こども | Comments(32)
Commented by at 2013-03-23 06:37 x
うんうんとカフェでの凛くんへの話を頷きながら読んだら・・・
あの壁の書は出来過ぎやろ~。(笑)
いや、凛くんの気持ちが変わっていったからこそ、そこへ行くことになったんだろうな。きっと・・・

全部できる人間なんてほぼいない。(中にはオール5の生徒もいるけど)
得意なもの、興味があるものを伸ばしてあげることが大切だと思う。

やる気スイッチのCMあるけど、凛くんのSWが入って、それを見てみんなのSWも入って・・・
波及効果がどんどん広がってほしい・・・
Commented by よっしー at 2013-03-23 11:35 x
bravo! super!
Commented at 2013-03-23 14:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by まーちゃん at 2013-03-23 19:38 x
持ってる~pedi一家←しつこい(笑)!?
ぐんぐん読んでしまいました。
言霊…すぐ振り出しに戻される仕事に、『まーどうでもいいけど』が口癖になってまして…
でもおかれた状況って自分の行いって言いますよね。。。
まずはプラス発言に切り替えよ♪凛太さんありがとう!
Commented by おかん at 2013-03-23 21:34 x
2月14日の奇跡が一番効いてそうやな(笑)

うちもあれから頑張って褒めるよう実践してるで~。
ただな…こういうのって夫婦二人三脚でやらな威力半減なんよなぁ。
うちは、その点旦那がネックかもしれん^^;
なんせ、旦那が長男以上のネガティブ思考の持ち主やからなぁ~。
あぁ~、またそっちからガンバラなあかんって思うと気が重いわwww

私も、りんた君の幸せを心から願ってるよ♪
楽しみやな~、これからの子どもらがっ!!!
Commented by kajya at 2013-03-23 22:08 x
お久しぶりです。
・・・できすぎてるぅぅぅぅ~!!(笑)

りんたくんの変化もすごいけど、そのチャンスを逃さなかったpediさんもスゴイ!!
ホント、ホント!ココロの持ちよう一つで状況はどうにでもなるもんです。
この節目にそれを身をもって経験できたことは、きっとこれからの未来に大きな意味を持つと思います!

ワタシも、そんなチャンスを逃がさないように、しっかり子どもを見てあげられる母さんでありたいな~と思いました。
Commented by たまプレス at 2013-03-24 00:49 x
言葉には言霊がある、ほんとそうですね!

言葉一つで相手を喜ばしたり怒らせたり大切にしたいですね。

りんた君も勉強頑張ってますね!

中学に行ってもその調子で行ってほしいです!(^o^)/
Commented by ゆきこ at 2013-03-24 00:51 x
涙で完読しました。
最高です。
こちらも、pedikoさん見習ってこどもたちに向き合っていこう!と思いました。
ありがとうございます!
Commented by ysymama at 2013-03-24 06:20 x
pedikoさんの言葉の力はすごいな~って改めて実感した今回のブログでした
その証拠にかなりの長文やったけどめっちゃスラスラ読めたし(笑)

pedikoさんの子育てに対する考え方や子供達の様子は、私が兄弟に望む、こういう風に育てたい、こういう風に育ってほしい理想そのものです

りんた君の件は色んな要素・タイミングももちろんあったと思いますが、何よりpedikoさんの思いや言葉がすごい影響したんでしょうね。
それは今回だけのことじゃなくて、今まで産まれてからずっとずっと大事なものを積み重ねてきて、それがりんた君の根底にあるから、今回しっかりと心に届いて大きな成長にもつながったのかな~なんて思ってます
・・・・偉そうにすいません(汗

厳しくも優しい母にいつも見守ってくれる旦那様、お兄ちゃんが大好きな元気で明るいいち君、おうちゃん
こんな賑やかで温かい家庭で愛情いっぱいに育ったりんた君は、きっと素敵な男性になりますよ~♡

何年も前から、ストーカー並みにpeikoさん家の動向が気になる私も(笑)陰ながら3兄弟の成長を見守っています

すごく長くなってすいませ~ん!!!
Commented at 2013-03-24 09:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-03-24 15:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ちょび at 2013-03-24 20:38 x
凛くん、凄い!
そして、ここまで凛君を導いてきたpedikoさんとお父さんも凄い!
半泣きになって読みました。
長さなんて、全然気にならず、最後まですらっと読み、じっくり感動。

うちの息子の育て方の参考にさせて頂きます!(まだ3歳ですが。笑)
Commented by aya at 2013-03-25 10:13 x
いやー。本当に感動しました。
言霊。ありますよね。
私もそう思っていて子供たちにも常日頃から言い聞かせているのに、自分は無意識に負の言葉をはくことが多いかも。
pedikoさんのお言葉が私の胸にもしみております。。。
一度やる気スイッチがはいって自信を持った子供は強い!
これからの凛太くんも楽しみです。
あぁ、本当にありがとうございます!!!!!
Commented by ゆう★もあママ at 2013-03-25 22:50 x
やっぱりすごいな!Pediさん。
久しぶりにコメさせてもらいました。
もちろん、りんちゃんもすごいんだけど、りんちゃんのやる気スイッチ見事に押したとこ。できるようでできないと思います。りんちゃん嬉しいだろうな~。わたし、最近どうも子どもとうまく接してないな~と凹み中です。んで春休みでイライラやし・・・
けど、pediさんのブログ見て、ごまかさずしっかり見たげなあかんと思いました。4.2才で悩みもたいしたことないですけどね。
Commented by ひげちゃびん at 2013-03-25 23:26 x
ぺディさん、本出せますよ‥

機を逃さずアシストすること
とっても難しいのに‥サスがですヽ(´o`;

せっかく生かされてるなら
ニコニコわっはっは〜と楽しみたいですよね!
益々ぺディさん達にお会いしたくなりました〜♩
Commented by ちゃちゃまる at 2013-03-26 13:29 x
ほんまに、よかった☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

親も子もそうして大きくなるんやろうなあ。

あー、まだまだや。め、はしっかりヒラかなあきませんよね。

ありがとうございます。
Commented by pediko at 2013-04-11 14:09
>俊さん
ほんまできすぎやろ(笑
運命やな〜

そうそうそのCMが流れると
パパが「凛太のスイッチどこについてたんやろな〜」って
笑ってました
Commented by pediko at 2013-04-11 14:10
>よっしーさん
Thanks!!^^
Commented by pediko at 2013-04-11 14:27
>2013-03-23 14:50鍵サマ
貴重なコメントほんとにありがとうございます!
そうだったんですね〜
そんな苦労がずっと続いてたなんて
こっちも涙が出て鼻がツーンと痛いです、、
親の方もきっと手探りで子育てしてるから
普通の型にどうしても我が子を収めたくなるのかもしれないけど
親も精一杯で仕方なかったのかもしれないけど
そもそも子供に「普通」なんてないんよね
あるのは「りんた型」
その子その子にその子だけの形がある
これからもそんな形に合わせた型作り、子育てができていければ
とは思ってます
でもうまくいくときばかりではないから
またそういうときにアドバイスでも頂けたら
ほんとにありがたいなって思います
どうぞよろしくおねがいします^^
Commented by pediko at 2013-04-11 14:30
>まーちゃん
持ってるやろ(笑
てか
やっぱそういうときどきに
絶対
おかーはんやチチの存在を感じるようになったな〜
身近な人を亡くしてはじめて知った感覚

マイナス発言はついつい出ちゃうけど
ほんまに何の生まれないどころか
よけいスパイラルにはまりこんでしまう
あえて気を付けて
プラスを放つのはいい気分転換にもなるよ
そこまでいけんくらい落ち込むときは
ムリすることもないしじっと静観してるのが一番やけどさ
Commented by pediko at 2013-04-11 14:31
>おかんさん
やっぱそこか(笑

ほんでその感じどお?
なんか変化ある?
なくてもあせらんでいいで
タイミングにかちっとハマるときが
来るからさ〜
そうでないときはほんま無意味に感じて
虚しくなるばっかかもしれんけど
意味はある!って信じよっさ^^

ほんま似た者同士の行く末が楽しみだ!
Commented by pediko at 2013-04-11 14:33
>kajyaさん
せやろ〜!?(笑

チャンスを逃がすもなにも
トントントンとことが起こってん
ほんまに不思議やったわ
やっぱあの世で誰かが操作してるとしか思えんくらい(笑

りんたの場合でいうと
ほんまになかなか巡ってこない
奇跡のタイミングやったから
kajyaさんも心して凝視してあげてや(笑
Commented by pediko at 2013-04-11 14:35
>たまさん
ほんまにほんまにそう思うのよね
言葉の力は大きいな
発言者の生き方も大きいなって

見の詰まった言葉をいっぱい手にしてたいね
そんな大人になってほしい!
Commented by pediko at 2013-04-11 14:37
>ゆきこさん
こちらこそありがとう〜
一人の人間と真剣に向き合って生きて行くってことは
ほんまにほんまに
そんな簡単なことではないなって
自分の現実と照らしあわせたときにつくづく実感する
相手と自分は
子供であれ旦那であれ
ほんまに合わせ鏡やと思うわ

でもだからこそ生き甲斐があるんかもね^^
Commented by pediko at 2013-04-11 14:43
>ysymamaさん
ほんまに?
ありがとう
こんな長い文につきあってくれて(笑

けどこっちこそ
ysymamaさんのコメントに大いに感動させられました
ほんまにほんまにありがとう!

これからもりんたのみならず三人三様でなんやかんやと
色々ありまくるんやろうけど
最終的に「産まれて良かった、楽しい人生やった」って
思ってくれたらそんでいいから
道中の細かいこと(出来不出来)にはあんまこだわらず
楽にやってこうと思ってるよ

そんな大層な子育て論があるわけでは決してないです
Commented by pediko at 2013-04-11 16:21
>2013-03-24 09:58鍵さま
あるある〜
そういう日!

そっかー
同じような感じがあるんやな〜
でもほんま
タイムラグを信じて
これはこどもだけに言えることじゃないねん
大人でも一緒
自分の言うたことが
何ヶ月先でもいいから
もしかしたら何年もかかるのかもしれんけど
相手に届いたかどうか
しっかり待ってあげてや
じれったいけど
自分とは違う人間やねん
コントロールすることはできひんし
むりくりしようとしてもそれは近道じゃないねん
Commented by pediko at 2013-04-11 16:23
>2013-03-24 15:25鍵さま
こちらこそ
いつもいつもありがとうございます!

その言葉もとっても素敵
Commented by pediko at 2013-04-11 16:44
>ちょびさん
ありがとうほんまに
こんな長文に付き合ってくれて、、

息子ちゃん3歳か〜
色々あるけどほんと先が楽しみだよね
Commented by pediko at 2013-04-11 16:50
>ayaさん
こちらこそありがとう
ほんまにね
そんな簡単に行かないのが人間の性分ですから
何度も後戻りするのは想定の範囲内と思って
気にせず感じたときに進んでいけたらいいね

凛太にしたって
何度も何度もマイナスオーラ放出してますし
また思春期にも突入するしね
これからがまた一山二山あるのは分かってるけど
でもやっぱ
その前にそういう機会があったってことは
宝物かもしれないし
ありがたいなって思います
Commented by pediko at 2013-04-11 16:53
>ゆう★もあママさん
いつもありがとうございます〜
その悩みというか不安はワタシこそず〜〜っとあるからね
今でも
はいめでたしめでたし。で物語は終わってないから
これからの方が長いからね^^;
ぞっとするような
ぞくぞくと楽しみなような(笑

でもほんま見るって大事やなって思う
それだけもええのかもしれん
こどもはみんな見てほしい
でもそれはこどもだけなく
大人も一緒かもしれん
Commented by pediko at 2013-04-11 16:54
>ひげちゃん
あはは
言うてくれるね〜(笑

ほんまにとにかく
最後に「生まれて来て良かった」って思って欲しい
自分もそう思いたいし!

またウチきてや〜
Commented by pediko at 2013-04-11 16:56
>ちゃちゃまるさん
ほんまに良かったよ
そんなことが一回でもあってほっとしてる
こどもこども言うてたらあかんね
変わらんとあかんのは自分やわ
ほんまに色んなこと
小ちゃい体で教えてくれる