peddyのくまちゃん カメラを持って。

<< おっとこぬし〜

すて猫 >>

 

猫をみつけたあの日

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
今朝も猫ちゃんは元気です
昨日なぜ保護センターからUターンしてしまったのかといいますと
まだミルクも自分では飲めないので猫ちゃん用の哺乳瓶とかケアとかプロフェッショナルな感じなんですか?と聞いたんですよ
そしたらそんなのとんでもない話だそうで一匹一匹をケアするようなことはできないと言われた
たくさんの保護した他の猫ちゃん達と一緒に決められた餌をあたえ(ミルクかどうかも定かではない)
その中をタフに生き残り健康状態が良いものだけが譲渡会に出られるのだそうです
あまりの数の多さにとてもじゃないけどそれ以上のことができないのが現状です

なるほどね、と
それをひどいなーとかは思わなかった
むしろそらそうやろな、と。

が、しかし譲渡会で里親をみつけるために全力であたる機関なのかな?と
その動物保護センターと言う名前からなんとなくイメージしてたワタシとしましては全て崩れてしまった今、
書類も書き終わって手続き寸前でしたが、ここで置いて帰るということは=見殺しということなんや〜とめちゃ悩んだ
で、けっきょく個人で保護して譲渡会に出すことが可能だということで
それまでの間できるだけのケアを自分でしようと決心した次第です
なのでしばらく更新はしてもお返事とか訪問とかままならない状況ですが
どうぞ温かく見守って頂けたらと思います

今はまだ生後2週間ちょい辺りで自分でミルクを飲むことも排泄もできないので
夜中の授乳やしっこうんちの世話に追われてる状態です
おうちゃん以来の赤ちゃんやからほんまアセアセですわ〜
ワタシが保護したからと言って必ずしも元気に育つかは自信無いけど
それはそれでそこまでの運やったんやなと気負いはないです




今日はこの我が家を一転させる出会いのあの日の子供たち
c0163369_10252822.jpg






c0163369_10254896.jpg






c0163369_1026636.jpg






c0163369_10262579.jpg






c0163369_10264343.jpg






ミルクをまだ上手に飲めないので指で一生懸命飲ませてました
c0163369_1027348.jpg






c0163369_10272297.jpg





c0163369_10274145.jpg






c0163369_10281041.jpg





そして途方に暮れる夕方
c0163369_10283494.jpg

このあと子供の中の1人がまた来て夜中自分のおウチで保護してました

子供ってやっぱそうでなくっちゃな〜と嬉しくなった
ほんで親に怒られてあえなく断念でもええと思うねん




ワタシは別にボランティアがしたいわけちゃうねん
この二匹たすけたからって何が変わるでないのは分かってる
世の中に不幸な動物なんてゴマンといるわ

ただ縁は大事にしたいねん
今までの全ての縁は偶然じゃないと思ってるねん、なにかしらあっての大事なご縁やと思ってるんで
できるだけその縁を全うして生きていきたいというのが信条にある
それが人で無くこんなちっぽけな生き物だろうとやっぱりそれもご縁だろうし、、
回り回ってウチに助けを求めてきたならできるだけのことはしたいんですわ。
そしてそういうことを見たり経験したりはこどもらにとっても決して無駄なことではないと思うねん

ほやしワタシの思いは世の動物愛護団体のそれとは一線を画します(笑

縁を大事にと言っても安易に「じゃ飼おう」というのではなくて
本当にできること身の丈を見極めてってのが大事やと思うねん

今回は飼うのはムリやけど
立派に羽ばたけるように全力を注ぐ、が自分の役割なんやなと。


ほやけど皆様にこれくらいしてやーていうてるんと違うし誤解しないでね
ワタシはたまたまそれができる環境にあってん

猫が好き、
時間もあるし、場所もあるし、夏休みでタイミングもよかった、
ミルク代くらいなんとでもなった、
ブログもしてたしやっぱいい情報も貰えるし、、、

そうでなかったらやっぱり一筋の望みを託して保護センターに置いてきたわ。
もっと忙しかったり猫嫌いやったら素通りしたで。
なんでもムリはあかんてな〜

身の丈身の丈。。。


こっちの応援もお願いします!にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ



今デカい方のウンチがどうしても出なくて苦戦中
チビはお腹にはりついたダニがとれなくて苦戦中(めちゃたくさん)
ミルクはおうちゃんの哺乳瓶で上手に飲めるようになった

そしてデカは相談が入りました!明日見に来てくれはります♪


ドラさんどうもありがとう
ディオワールドね!たしかに貼ってあるある〜♪
これこそワタシの出番やね!
頑張ってかわいい写真を撮って貼りにいってきます。
by pediko | 2009-07-31 11:15 | こども | Comments(17)
Commented by risyon at 2009-07-31 11:50 x
いろいろ考えさせられます。

一度だけ、捨て猫を子どもが学校帰りに連れて帰りました。
正確には、こどもの友だちが。
でも、その子も犬を飼ってるから無理で、なんとうちの敷地に置き去りに。
うちの子達は、動物には触れません。
し、私も子どもも過密スケジュールで焦っていて、置き去りにされたことすら知りませんでした。

結局、隣に住む猫好きなおばあちゃんがもらわれ先を探してくれて落着しましたが・・・。
そのときの、私の対応は・・・と反省すべきなのかどうなのかすらよくわかりません。
安易に判断できないだけに、難しいですね。
家族全員が動物苦手ってのが幸いしているのか、はたまた縁を断ち切っているのか・・・。
Commented by クニ at 2009-07-31 11:58 x
俺も猫飼ってるけど、やっぱり動物は可愛いもんですね~
特にうちの猫はかなり元気一杯で大変やから子猫の頃が懐かしいっすわ(笑

子猫の世話大変でしょうけどがんばってくださいねっ!
Commented by yumochi at 2009-07-31 12:13 x
可愛い猫ちゃん達!
あぁ・・・私が近くに住んでいたら「ぜひ我が家に!」と言えるのに・・・。

動物を飼うって本当に本当に、想像以上に大変なんですよね。
彼らに命がある限り、やっぱり私達は彼らの親のようにしっかりと責任を持って
最期までお世話をして、愛情を注ぐ覚悟が必要だと思います。

例え飼えないとわかっていても、peddyさんが今しているように
全力で子猫ちゃん達を救おうと努力している時間は
彼らにとって本当に幸せな時間なんだと思いますよ~。

子猫ちゃん達に素敵な飼い主さんが見つかりますように・・・。
Commented by つかさ at 2009-07-31 12:46 x
エライ!
よくぞそこまでやってくれた。
現実すんごい大変だし難しいことだと思うけど、自分のできることを示してやれることで、子供達の心も猫ちゃんもどれだけ救われたことか(^^)
保護センター行くだけでもなんでもいいから、とにかく子供達と一緒に何かを子猫のためにできたことが大切なんだよね。
Commented by ゆーぽん at 2009-07-31 14:00 x
私も子どもの頃にネコを拾って来たことがあったわ。
うちの母は断固拒否で、家に上げてもくれなかった・・・。
その時はとっても悲しかったし母にムカついたけど、それが普通の大人の対応だよね。

peddyさんはそれが出来る環境にあって、うちの母はそう環境になかっただけの事・・・。
ん~、物凄く勉強させてもらった気分です!!

1匹ちゃんは残念ながら天に召されちゃったけど、この子猫たちの子供に与える影響って凄いと思います!
私も数時間一緒にいただけだけど、手に残った子猫の感触は、未だに忘れられませんもん。

こうしてブログに書くことが縁で、里親が見つかったりしたら良いですね!

子供の世話に子猫の世話、大変だけど、peddyさんが体壊さないようにね!!
Commented by papacamera at 2009-07-31 14:10
よくぞ自宅保護を決心なさいました。
子猫たちは幸せ者だなぁ。
縁。後々後悔するような事だけはしたくないですもんね。
別れが辛くなると思いますが、早く里親見つかるといいですね。
Commented by 小雪 at 2009-07-31 15:09 x
自宅で保護、良くそこまでやってくださいました!
偉いです~
自分で出来るまで飼って、はばたいていけるまで、
面倒見るって、大変でしょうけど頑張ってくださいね。
Commented by さち at 2009-07-31 15:57 x
姐さん・・・!
自分ができる最大限のことをするぺディさん、尊敬します。
私は動物好きだけど、飼ったことないしきっとこういうとき何もできなくなってしまうと思います。

人間として素敵だなと思うし、とってもいいお母さんだと思います!
Commented by chisa at 2009-07-31 17:04 x
peddyさんが自宅保護されるかたちになったんですね。
この問題はほんとに難しいですよね。
うちにもフェレットがいるんで捨てるなんて悲しい気持ちになります。。
でも保護、飼うとなったらまた別で。。現実問題うちでは無理となってしまうわけで><。。

里親見つかりますように☆
Commented by GON at 2009-07-31 17:48 x
縁は大切です。同感です。人生どうかんばっても、そんなに巡り会えるものじゃないモンね。
昔、雨の日に子猫2匹拾い、実家まで持ち帰りました。(群馬→愛媛)
なかなか子供ができず、夫婦ふたりの帰省。SAごとにお湯を貰い、ミルク飲ませながら・・・
親には「孫じゃなくって、猫のかい」ってあきれられました。
ウンチはぬねティッシュで刺激しながら、時間ごとに出してやって。
今の子育てでは考えられないぐらいマメな子育てでした。
すっかり実家の猫として10数年。かわいがられたよ。
これも縁です。
今は友人の飼えなくなった猫を飼っています。
新聞に貰い手を募集したら、説教の電話が多く、落ち込んでるのを見るに見かねて・・・
これも縁です。

でも、公園で命を落とした子猫も運命、peddyさんに保護された2匹も運命。そう思うと楽になれますよね♪

よい運命を辿り、ご縁がありますように。
Commented by べーやん at 2009-07-31 20:29 x
子供達の気持ちが写真からズンズン伝わって来て
とてもステキな写真です。
私は意味の無い事はひとつもないと思っています。
pedikoさんが猫を保護したこと
子供達がお世話する事
そのブログを今私が読んでいる事
そして感じた事。
これも全て意味があって 縁 だと思います。
Commented by meruchichy at 2009-07-31 20:54
子供達が命の大切さを学ぶ、、、素晴らしい出会いでしたね。
Commented by blueclue at 2009-07-31 22:31
pedikoさん、えらい!
猫ちゃんに良い飼い主が見つかればいいですね。
お子さん達も、いろいろ考えるところがあるでしょうね。
Commented by miu_usa at 2009-08-01 00:30
ネコと子どもたちのあったかい写真がいっぱい^^
譲渡会のその日まで・・・お世話がんばってね
情が移って 譲渡できなくなるかも?
優しい飼い主さんが見つかることを祈って(^人^) ぽち
Commented by ERi at 2009-08-01 00:33 x
こんな言い方をすると、冷たいと思われるかもしれませんが、
「可哀想」っていう気持ちだけでは、動物は助けられないんですよね。
しっかり、時間も手間もお金もかかるんです。

可哀想っていうだけで、無理して手を差し出した結果、
助けるつもりが逆に悪影響になることもあるんですよね。

peddyさんのように、
自分のできる範囲はどこまでなのか、と見極める事って、
実はとっても大事なんだと思います。


写真で見る限り、目鼻は綺麗なので、
里親さん、きっとすぐ見つかりますよ★

ただ、野良は体内にも何の虫がいるかワカラナイので、
手洗いだけは徹底した方が良いですよ!!!


と、ズラズラと生意気言いましたが、
私、実は、動物看護士してるんですよ*
Commented by トラキチ at 2009-08-01 00:40 x
「かわいい」とか「かわいそう」とかそういう気持ちがあっても
子供たちだけではどうにもならないことってありますよね。
こういうとき、親としてどういう立ち振る舞いをしたらいいのか、
そのあるべき姿勢みたいなものを、pedikoさんに学んだような気がします。
”身の丈に合った最大限の努力”  “「縁」を大切にすること”

元はと言えば、無責任な飼い方をする大人がいけない。
どうしても飼えなくても、今pedikoさんがしていること(里親が見つかるまでのサポート)ぐらいはできたはずなのに。。。
とっても残念な現実ですよね。

いい人に貰ってもらえることを祈ってます。

それにしてもpedikoさんのまわりには
猫までもイケメン?べっぴんさん?が寄ってきますね(笑
Commented by bisco1012 at 2009-08-01 01:34
すごくかわいい、すごく小さい!
peddyさんえらいですね、尊敬します。
自分のできる範囲は見極める事、
それをせいいっぱいやるってなかなかできないですもの。
ネコのためにも、子供の成長のためにも、
とてもいいことだと思います。
いい人にかわいがってもらえるといいですね☆

私も昔飼ってたネコは、公園で拾ってきたネコがきっかけで
(そのネコはすぐに亡くなっちゃたんですが)
ネコが好きになって、
ふれあいセンターからもらってきたネコなんですよ。

縁って、どこにあるかわかりませんね。